進撃の巨人(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥495
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

進撃の巨人(2)

  • 著者名:諫山創【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2011/12発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063843385

ファイル: /

内容説明

夢も希望も許されない。人類は巨人に勝てない!? ――巨人が支配する世界。まだ見ぬ壁外の世界に憧れるエレンは訓練兵となり、仲間と共に巨人に対抗する技を磨く。だが外壁を超える大巨人の出現により、無数の巨人が壁の中に侵入。親友であるアルミンを助けようとするエレンだったが、代わりに自らが巨人に食われてしまう!! その事実をまだ知らずに、前衛隊に合流したミカサが見た光景は……? 理不尽なほどに残酷な世界に希望はあるのか!?

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

315
いよいよ話の展開が進んできたなぁという感じ。巨人が巨人を倒す新展開で面白い。2013/01/27

HIRO1970

306
⭐️⭐️⭐️子供の児童館で読みました。2014/02/22

エンブレムT

259
おぉ!このヒーロー的な格好良さ!主人公はやっぱりミカサなんだね?で、ヒロインポジションはアルミンだったのかー!と納得しかけた時に、巨人を攻撃する巨人が登場。あっ!もしかしてウルトラマン的巨大ヒーロー物なのか?ああっ?エレンが!やっぱり主人公はエレンなのか!?・・・ってな感じで、主人公争いに着目しただけでも怒涛の展開な第2巻。閉塞空間で追い詰められていく息苦しさと怖さが半端なく、でもわけのわからない熱量の高さと勢いに呑まれ「気持ち悪いんだけど惹きこまれてる」という状態なので、次も読まずにはいられないです。2014/01/08

くろり - しろくろりちよ

243
ミカサとエレンの過去が明らかに。しかし、ミカサがエレンを守ろうとするのはそれだけが理由なのか?そこで起こったウォールマリア突破。阻止すべく奮闘する兵士たちはあまりにも無力で。愛する人の命が無残にも散って行く。そこに前巻でまさかの死亡と思われた主人公・エレンの復活。その姿はすでに人間を超え、化け物…巨人という姿へと変貌していた。渦巻く疑念と、その渦中でも強固なアルミン・ミカサ・エレンの友情。「この世は残酷で、美しい」…まだ多くの謎を抱える中、巨人に支配されつつある世界は変わるのか。注目の第2巻。2013/03/12

みとと50

109
ミカサが主人公になるの?って思ったら予想外の展開でした。これ面白い。巨人が怖すぎるんだけど、表情がアレな感じだからなんだろうな。全く人間性ってものがない。見た目は人間のでっかいのなのに、魂が抜けてる表情だから怖いんだろうな。この世界観も辻褄が合うような合わないような設定含めて面白い。「死体がどうやって~」の下りや、戦わなくては~の下りは凄く良かった。腹をくくった人間の率直な言葉って強いな。次の巻がまた、楽しみ。 2012/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/611528

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。