ビッグコミックス<br> 太陽の黙示録(16)

個数:1
紙書籍版価格 ¥555
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックス
太陽の黙示録(16)

  • 著者名:かわぐちかいじ【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2013/03発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091815187

ファイル: /

内容説明

孫市との交渉が決裂し、拘束されてしまった舷一郎。彼を救い出すために羽田・張・雲井は、孫市の手先となった公文に立ち向かうが…!?一方、宗方は孫市の手の内にある夏木恵理の身柄と、海峡紛争の停戦を両天秤にかける。宗方が選んだ道は果たして…!?日本の未来を背負った二人の英雄の戦いが始まる!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

3
二人の王の運命を左右する女、恵理。教組として、一人の女として、彼女は最終的にどちらの王の生き方を選択したのだろう、運命に翻弄された旅路が終わった2013/01/27

戸川 純子

2
舷一郎と恵理の話はちょっとなぁ。。2013/06/30

宙乃(そらの)

1
恵理さんの軌跡と別れと遺した意思が中心の話だったような。雲井「俺は自らの信念を裏切った覚えはない!」って羽や張にも共通するし結局恵理さんもそうだし、こういう人が生きられるところが舷一郎のもとなんだろうな。「あなたを信じます」恵理の最期の舷一郎に向けた言葉が、舷一郎の下に集まる力の根源なんですよね。2011/02/20

バル

0
★★★★2012/09/25

takefumix

0
かわぐちかいじにはまりそう2012/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/508773

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。