平家物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

平家物語

  • 著者名:石崎洋司/岡本正樹
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 岩崎書店(2020/07発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784265049844

ファイル: /

内容説明

歌舞伎などで代表的なシーンを中心にストーリーで読み進めていく古典シリーズ。大河ドラマで話題の平氏と源氏が生き生きとした現代語訳で蘇えります。すらすら読める古典。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えりまき

24
2022(29)「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」。きちんと読んだことないかもと、まずは児童書でおさらい。概要は分かりましたが、ちょっと物足りず・・・。おススメの「平家物語」を教えてください! 2022/01/31

ひなた

12
ストーリーで楽しむ日本の古典シリーズ第4弾。このシリーズをだいぶ読んできたので歴史に触れてはいるけど、登場人物が多すぎて、相変わらず最後の方は誰がどっちの味方で、何のためにこんなことになってるのか分からなくなって、ただ人がたくさん死んだことだけが悲しくなる。2017/01/15

マツユキ

11
『平家物語』がアニメ化されると聞き、原作は別にあるけど、児童書で。国語の授業でしか読んだ事がなかったので、そんな流れだったんだなあ。木曽義仲が出てくる事を、初めて知りました。義経の部下、伊勢三郎、凄い…。戦の華やかさ、武将の美しさ、それぞれの最期、色んな人が登場しては死んでいき、その後も、同じように繰り返され、本当、何なんだろうね。絵が丸っこいんだけど、迫力があって、良かったです。他の『平家物語』も、何冊か読むつもりです。2021/09/19

なま

2
児童書なので読みやすい。平家、源家、藤原家の人物家系図も載ってるので登場人物がどんな繋がりなのか?確認しながら読める。社会史の保元の乱、平治の乱から壇ノ浦の戦いまで鎌倉幕府設立に向けての成り行きが分かりやすくかかれている。断崖絶壁をかけ降りる一ノ谷の戦いや、国語の古典の授業にもある扇の的、ストーリーを知ると益々楽しい。2016/09/21

レモン

2
児童向けの平家物語、読みやすくわかりやすいです!平清盛のむちゃくちゃぶりがよくわかります…これが日本の話なんだと、こういう歴史があっての今なんだと痛感させられます!安徳天皇の出てくる『波のそこにも』を読んでからのこちら。わずか8歳の天皇の運命が悲しすぎますね~2016/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5148656

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。