思考のフロンティア<br> カルチュラル・スタディーズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

思考のフロンティア
カルチュラル・スタディーズ

  • 著者名:吉見俊哉
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 岩波書店(2018/02発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784000264310

ファイル: /

内容説明

文化を,すでにそこに在り,固有の内容を含むものとして眼差す我々の視線の背後には,いかなる政治学が内包されているのか.単なる文化の実証主義的な研究を超えて,それを「問題化」することは,何を意味するのか.「対象」としての文化から,「問題」としての文化へ.近代におけるこの概念の存立そのものを問い返す.

目次

目  次
   はじめに

 Ⅰ 文化を問題化する

 Ⅱ 文化を読みなおす

 第 1 章 サブカルチュラルなアイデンティティ

 第 2 章 抗争の場としてのメディア

 第 3 章 グローバル/ローカルな日常の政治学へ

 Ⅲ 基本文献案内
   あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおかみ

9
英国カルチュラル・スタディーズの系譜を概観。いかなる過程で文化が問題化されてきたのかを知ることで、カルスタのエッセンスを理解できる。ページ数が少ないだけに濃密で、あまり読みやすくはなかった。とにかくエッセンスを把握することはできたので、「基本文献案内」を参考に次の書に移りたい。2010/08/18

イリエ

8
グローバル化のなかで生じているものは、ハンチントンのいう文明の衝突よりも複雑で、固有の文化そのものの重層的な分裂だという。社会、政治を分析する草の根ガイドの本って感じ。2017/07/11

Squatter

3
cs理論史。もっと日常や文化は重層的なんだよって感じで過去の議論がレビューされる。特に指摘されるのは、その文化やらなんやらの歴史的背景が捨象されているのでは(かつての宗主国と植民地という関係とか)ってのと、メディアとか送り手側からの発信を盲目にオーディエンスが受信してるみたいになってるよ(もっといろんな読み方をオーディエンスはしているよ)っての。ただまぁそのどちらもをクリアした作品というのはなかなか難しいっぽい(というかエスノグラフィーとかだとすべての要素を実際に見れるとは限らないから?)2018/02/05

bliblablo

0
英語圏を軸にカルチュラル・スタディーズの見取り図を示した本。入門編かと思いきや、一回読んだだけではなかなか理解しきれないほど内容が濃い。2017/04/11

ポスト存在時代

0
『問題化』の過程自体を問題化する2011/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517101

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。