双葉文庫<br> 出雲のあやかしホテルに就職します

個数:1
紙書籍版価格 ¥631
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
出雲のあやかしホテルに就職します

  • 著者名:硝子町玻璃【著】
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 双葉社(2017/01発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575519471

ファイル: /

内容説明

女子大生の時町見初は、幼い頃から「あやかし」や「幽霊」が見える特殊な力を持っていた。誰にも言えない力を抱え、苦悩することも多かった彼女だが、現在最も頭を悩ましている問題は、自身の就職活動だった。受けれども受けれども、面接は連戦連敗。まさに、お先真っ暗。しかしそんな時、大学の就職支援センターが、ある求人票を見初に紹介する。それは幽霊が出るとの噂が絶えない、出雲の曰くつきホテルの求人で――。「妖怪」や「神様」たちが泊まりにくる出雲のホテルを舞台にした、笑って泣けるあやかしドラマ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はにこ

61
初読みの作家さん。期待以上に面白かった!就職活動に苦労する霊感少女が幽霊や神様もやってくるホテルに就職。個性の強い従業員達とお客様をもてなす日々。白陽の話も比良の話もホロッとした。見初の家族のこと、これからもっと掘り下げられていくのかな。冬緒との仲も気になる。2021/01/06

のんき

61
就職活動中の女子大生。次々と面接に落ちます。でも、出雲のホテルに就職できます。彼女は、幽霊が見えて、いいことなんてないと思っていました。周りに知られたら気持ち悪いって嫌われそうだなって思っていました。でも、自分のいやなところ、嫌いなところが、活かせる会社は、あるんだなって思いました。また、彼女の親友は漫画家を目指してて。でも親とかに反対されてました。本人は絶対諦めたくないって周りのことなんて気にしないで、今でも自分の夢を叶えようとしています。何かを必死に追いかけるのって、すごくキラキラしてて綺麗だな 2017/07/15

ami*15

48
読了300冊目。人間以外のものが客として現れるホテルに就職する羽目になってしまった見初。世の中には妖怪の存在を嫌う人間もいるそうですが、この物語の主要人物たちは人間とそれ以外が共に生きる世の中を大切にしていることがよく伝わってきて温かい気持ちになれました。全体的にドタバタとした場面が多い一方で椿木さんと白陽のエピソードは結構残酷で可哀想になる話でした。それにしても見初と椿木さん、なかなかにいいコンビではないか(笑)。白玉も凄く可愛いです。あまり手にしないような作品でしたが、なかなかに面白かったです。2018/04/24

ありす

47
ほんわか可愛らしい話かと思ったら、意外と危なめなあやかしも登場。幽霊が見える見初は就活に苦戦中。そこに現れたのは出雲からホテルの人材募集に来た冬緒。望まぬ就職を果たした見初が働くのは、人間もあやかしもお客様というホテルのベルガール。なかなかユニークな従業員が揃ってて楽しそうな職場。だいぶ謎を残した終わりで続きが気になる。無料なので読んでみたが、機会があれば続きも読んでみたい。【シリーズ1作目】2020/09/08

坂城 弥生

46
白玉が可愛かった。あやかしとの優しい関係や切ない話に揺さぶられながら読んだ。続きがたのしみ。2019/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11223894

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。