双葉文庫<br> 出雲のあやかしホテルに就職します : 4

個数:1
紙書籍版価格 ¥631
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
出雲のあやかしホテルに就職します : 4

  • 著者名:硝子町玻璃【著】
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 双葉社(2018/07発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575521139

ファイル: /

内容説明

神様や妖怪をゲストとして迎える出雲のお化けホテルに就職した時町見初。気がつけば見初も社会人二年目。少しずつ仕事にも慣れてきた。しかし、陰陽師の名家・「四華」の一つ、蓮沼家の跡取りおぼっちゃまや、海外からやってきた死神と、ホテル櫻葉は今日も不思議なお客様で大賑わい。やはり今日も、見初は大切なゲストをもてなすため、東奔西走することになってしまい――。シリーズ続々、重版出来! 笑って泣けるあやかしドラマ、待望の第四弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

一華

33
四作目…蓮沼家のみなさまに、死神の初恋と友情、消えゆく寸前の山神さまの新しい居場所、犬猿の仲?イヤ狸狐の仲の恋を取り持ったりと、大忙し。やっと、白玉との平和な日常を過ごせるかと思いきや…出雲の地に招かざる客が〜次巻は見初にも魔の手が?冬緒、試練の巻でしょうか…2019/03/19

ありす

31
四華の一つ蓮沼家や、死神が泊まりに来る本作。蓮沼家の能力"味覚"とは、契約を結んだ妖怪の血や肉を摂取することで一時的にその妖怪の能力を借りる…中々エグい能力だな。そしてホテル櫻葉に新しい仲間が。人間と妖怪、人間と死神、人間と神様、狸と狐、種族を越えた信頼、友情、恋愛など良い関係が目白押し。なのに人間(冬緒)と人間(見初)の関係は、鈍感な誰かさんのおかげで進展せず。出会って間もない子にもバレバレなのにね。進展する日は来るのかな。【シリーズ4作目】2022/04/15

IRIE

28
今回の4話も面白かったです! 2話目が1番お気に入り(^^♪ 新たなメンバーも加わってまた賑やかになりそう(*´艸`*)2019/06/10

はにこ

24
味覚に優れた蓮沼家と仕える天狗の話、死神と一人の女性を取り合った男の話、忘れ去られそうな山の神の話、狸と狐の恋ばなの4話。山の神、柚枝ちゃんは表紙の子かな。可愛すぎ!モフモフ達も可愛すぎ。冬緒の不器用すぎる恋を応援。いい加減、気付いてあげて欲しいけどねぇ。2021/03/01

ゆっくりさん

24
4巻目。狸の嫁入り話はかわいくてほっこりしました。狸の木乃さんの作る稲荷ずしを食べてみたいです。いろんな種類があって、そのどれもが美味しそうで。そして良い旦那さんで!味覚の蓮沼家の登場です。優しい一族なんだろうと察します。琥珀糖は懐かしかったです。見た目はきれいだし、食感は面白いし子供は大好きだと思います。秋弥君の食欲が戻ればいいな。また、登場して欲しいです。死神の話も良かったです。そして、新レギュラーの山神様こと、柚枝ちゃんの登場。これからも楽しみです。2019/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12810051

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。