双葉文庫<br> 出雲のあやかしホテルに就職します : 3

個数:1
紙書籍版価格 ¥631
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
出雲のあやかしホテルに就職します : 3

  • 著者名:硝子町玻璃【著】
  • 価格 ¥506(本体¥460)
  • 双葉社(2018/01発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575520514

ファイル: /

内容説明

神様や妖怪をゲストとして迎える出雲のお化けホテルに就職した時町見初。季節は春。見初がホテルにやってきてから、ちょうど一年。それを祝おうと、先輩の櫻葉永遠子が発起人となり、お花見が開催されることとなった。しかも、ただのお花見ではなく、桜の妖精であふれる特別な場所で開かれるようで――。1~2巻ともに重版出来が続く、笑って泣けるあやかしドラマ。見初に関係する四季神家の謎も明かされる、待望の第三弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SJW

163
シリーズ第3弾。時町見初が就活に失敗して、出雲のお化けホテル「櫻葉」に勤め始めてから早1年。今回は4つの短編で構成されていて、相変わらず不思議な神様や妖怪が現れて事件を起こしていく。内容はコミックレベルのラノベだが、出てくる妖怪キャラクターが可愛いかったり面白い。4つめのエピソードでは見初の家系が陰陽師と関わりがあることが明かになる。2018/09/11

ami*15

53
見初がホテル櫻葉で働くようになってから1年が経ちましたが、1巻と比べると彼女の妖怪や神様との付き合い方が大分変わってきている印象を受けたし、仲間たちが見初のことを認めているところを見ていると読んでいる側としてもなんだか嬉しくなりました。いつもの妖怪、神様たちとの関係を描いたエピソードに加えて四季神家のことについても少しずつふれていましたが、正直今作だけではいまいちこの件に関しての謎がわかりにくかったです。むしろアイドルのDVDのくだりの方が残るものがある(^^;;それにしても今回も白玉が可愛い。2018/08/21

一華

37
三作目…いよいよ、見初の持つ力のこと、四季神家のこと、椿木家との因縁…が明らかになりつつも、柳村さんと緋菊さんの怪しげな動向…どういう展開になっていくのか楽しみ。冬緒の想いの一方通行も相変わらずですしね。四季神家・「四華」の櫻葉家、椿木家、十塚家…次巻は残されたもうひとつかな?2019/03/15

はな

37
図書館本。ようやく見初の秘密も分かってきた1冊。なかなかの鈍感さ具合には冬緒が可哀想。一年が過ぎて、お客様からも可愛がられて本人は順風満帆。家の謎もラブもうまくいくといいなぁ。2018/05/26

ありす

31
見初が就職して一年。ホテルの人たちはもちろん、お客様の神様たちにも愛されていて、女神から贈り物まで。見初の一年を祝っての花見を催すが…。冬緒の椿木家と見初が関係する四季神家の謎も明かされる。見初が持つ力、家族との関係、これらが判明したことで次巻からの展開が楽しみ。【シリーズ3作目】2022/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12402145

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。