週刊少年チャンピオン<br> 弱虫ペダル 7

個数:1
紙書籍版価格
¥528
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

週刊少年チャンピオン
弱虫ペダル 7

  • 著者名:渡辺航
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 秋田書店(2012/02発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253214575

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

インターハイメンバーを賭けた、1000km合宿! 2年生・手嶋のブロックを崩すべく、捨て身のアタックをかける小野田坂道!! 友情、執念、プライド……。様ーな想いの中、ゴールラインに飛び込んだのは……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

160
最後無事に一年生がゴールできたけど三年生は悠々とゴールしていたが、よく考えたら細工された自転車で走り続けてる一年生がまともに走ったらいい勝負なんじゃない?って思った。てか小野田は少し自転車を知らないからハンデが多すぎるような気がする。2016/02/07

くりり

55
「あいつは追われるよりも追いかける時の方が格段に速い」と今泉に言わしめる坂道、頑張れ!!2014/09/17

naji

48
勝負を分けるのは、時の運もあるのか~。なんか残酷だけど、手嶋・青八木先輩には是非来年のインターハイで活躍して欲しい!!2014/02/15

やなせ きお

48
小野田の最終アタック。手嶋さんがあっさりとリードを許してしまったのが拍子抜けしたが策士策に溺れて崩れ落ちるのはいい意味で爽快。その後崩れそうな小野田を二人で支えるのがいい。あくまで二人でIH出場を望むところに胸が締め付けられる。彼らと同じようにIHを意識し一年間田所さんの元で鍛え上げてきた。思いは同等、いやそれ以上。風を切るような描写。思いを感じさせる回想。動けない二人を抱き留める田所さんの温もりが紙から伝わってくるよう。手嶋さんは誰よりも負けを知ってる。強くなる方法を得ている。二人だけでも強くなれる。2014/02/02

フキノトウ

43
インターハイを賭けた、1000キロ合宿の1年vs2年。2年にも勝ってほしかった気もしてちょっと、複雑です(^^; 2年2人を泣きながら抱き締める田所先輩が、素敵でした。2014/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/535785
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数88件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす