ビッグコミックススペシャル<br> 宗像教授異考録(10)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,361
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックススペシャル
宗像教授異考録(10)

  • 著者名:星野之宣【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 小学館(2012/04発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/16)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091823267

ファイル: /

内容説明

約900年前の出雲に、倒壊した出雲大社が再建できるほどの、大量の巨木が流れ着いたという。あたかも神助のような、長さ45メートルの巨木100本……いったいどこから漂流してきたのか?一方、現代でも、2007年の新潟県中越沖地震の際、震源地に近い“出雲崎”沖に突如、大量の古木が浮上したという。このふたつの謎、宗像の推理で結ばれるのか…?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ichi-papa

20
忌部さんと教授の関係が興味深い。ギリシャ神話と日本神話のつながりもおもしろい。お話がどんどん広がっていきます。2017/05/05

月子

7
前巻で飛ばしたところの人が出てきちゃった( 'ω' ;)それ以外は面白かったです。2019/07/08

かっぱ

5
「武島」はいま読めばどんぴしゃの時事ネタ(ちゃんと「竹島」のことも記述されています)。忘れられないのは、因幡の白兎(笑)。2012/09/10

ツキノ

4
ノンフィクションと思えない。馬頭観音はうちのすぐそばにもあり、しかも地区は馬場というのです。この漫画をきっかけに地域の歴史も調べたくなる。2012/08/04

美周郎

3
忌部さんこんなにしおらしくなって、とても良い。教授と親子くらいは離れているイメージだったが有りか。乳児の死亡を重く受け止める文化は辛かったろうなあ、七五三までは神様の子と割り切らせるのも経験からの知恵かな。2021/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/468562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。