ビッグコミックススペシャル<br> 宗像教授異考録(14)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,361
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックススペシャル
宗像教授異考録(14)

  • 著者名:星野之宣【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 小学館(2015/02発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091836038

ファイル: /

内容説明

日本最大の湖・琵琶湖に沈む遺跡。そこに眠る大量の土器は、表面が鉄で覆われた特殊なものだという。その土器の成り立ちと、琵琶湖に隠された秘密に迫る「湖成鉄」編。
天狗伝説を追うテレビ番組の収録準備中に、本物の天狗が現れて出演者をさらう!? 宗像教授が修験者とともに救出に向かう「天狗の爪」編。
イギリスに出向いた宗像は、周到に準備された大英博物館襲撃計画を目のあたりにする。積年の恨みをもつ敵と戦う「大英博物館の大冒険」編もスタート!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ichi-papa

27
日本の伝奇に飽き足らず、宗像教授、ついにイギリスへ。「天狗」のお話もおもしろかったですが、大英博物館を舞台にしたお話もおもしろい。次巻でどのような結末が待っているのか、期待が膨らみます。2017/06/24

かっぱ

9
長らく続きの巻を読まずにいましたが、久しぶりに読むと、おもしろさが増したように感じられました。「湖成鉄」は滋賀県の琵琶湖が舞台。琵琶湖の島にある神様って、製鉄の神でもあるのですね。2013/07/27

ぐうぐう

5
「天狗の爪」で宗像教授が披露する、縄文人が鳥の土偶を作らなかった理由に膝を打つ。そこから飛躍し、天狗を絡めることで、一気に伝奇色が強くなり、ドラマが躍動する。この躍動こそが、『宗像教授』シリーズのおもしろさだ。その躍動は、ついに海を超え、大英博物館を舞台に展開される。完結となるらしい次巻が今から待ち遠しい。2010/11/19

Hideki Ando

4
大英博物館の話が次巻へ続いていて待ち遠しい。天狗の話もダイナミックで読ませる2010/11/02

灰月弥彦

2
次で最終刊とは…2010/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/674138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。