ビッグコミックススペシャル<br> 宗像教授異考録(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,361
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックススペシャル
宗像教授異考録(5)

  • 著者名:星野之宣【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 小学館(2012/04発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/16)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091810205

ファイル: /

内容説明

世に名高い悲恋の物語、道成寺の安珍清姫伝説。旅の僧・安珍に恋をした庄屋の娘・清姫がその叶わぬ恋に身を焦がし、蛇となって道成寺まで安珍を追いかけたという話である。ある日、その舞台となった和歌山県の日高川から、道成寺のものではないかと噂される鐘が発見された。現場に赴いた宗像は、そこで鐘の発見者である女性ダイバー・早鷹渚と出会う。渚の面影に、宗像はある女性のことを思い出すが…

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ichi-papa

20
どのお話も相変わらず面白いですね~。でもこの巻では特に、「虫愛ずる姫君」のお話が小品ながらよかったです。2017/01/28

まぁねぇ

11
道成寺、星の平、虫めずる姫。人の想いにロマンを感じた。2019/09/02

月子

10
似たようなお話になりがちなので、最後のお話がよかった。2019/06/28

bluemint

6
道成寺の鐘が川底から発見された話、遠い昔に落ちた隕石をめぐり対立してきた物部氏と忌部氏の現代に至るまで続く対立、現代の虫愛づる姫。古代から続く共同体や家系ではその伝統を誇りを持って維持しているが、現代では無理も生じてくるのだなあ。最後の「虫愛づる姫君」は小品だが心に残る。2019/01/22

かっぱ

6
能にもなっている女の情念が蛇になるという安珍清姫伝説の道成寺の鐘にまつわる話。ところで妙満寺にある鐘は本物なのだろうか。「虫めづる姫君」に題材をとった短編もよかった。2012/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/463494

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。