ビッグコミックススペシャル<br> 宗像教授異考録(11)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,361
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックススペシャル
宗像教授異考録(11)

  • 著者名:星野之宣【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 小学館(2015/02発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091826701

ファイル: /

内容説明

▼第1話/扶桑伝説▼第2話/無限回廊▼第3話/裂けた仮面 

●主な登場人物/宗像伝奇(むなかた・ただくす。東亜文化大学で民俗学の教鞭を執るかたわら、日本各地に伝わる神話、伝説の謎や由来を解明している)
●あらすじ/巨大な桑の木が生えている島が東方海上にあるという、古代中国の「扶桑伝説」。その島とは日本のことではないかというテーマに対し、宗像は平然と「最初から答えは出ている」と言う。宗像が語る、扶桑伝説と日本との関係性とは…?(第1話)
●本巻の特徴/古代中国の東方海上にあったという超巨大な木の伝説、お稲荷さんと宗像一家の悲劇との関連、日本で最も奇怪な仏像の秘密……高遠な3編を収録!!
●その他の登場人物/忌部捷一郎(宗像を目の敵にしている歴史研究家)、忌部神奈(女性史研究家であり、また神木鑑定家、温泉評論家でもある。忌部捷一郎の妹)、宗像瀧(宗像の姪。巫女をしていたが現在は宗像の研究を手伝っている。三姉妹の末っ子)、宗像樹・瑞(いつき・たぎり。宗像の姪で瀧の姉たち。実家の海照火明神社で巫女をしながら神社を守っている)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ichi-papa

26
おりしも、先日この作品ゆかりの宗像・沖ノ島あたりが世界遺産に推薦されることになるというニュースが流れました。タイムリーといえばタイムリーな作品ですよね。さてその第11巻、相変わらずの世界観でしたが、個人的には「裂けた仮面」のインパクトが強かったです。以前、なにかでこの仏像の写真を見たことがあります。実際にこの目で見てみたいです。2017/05/16

月子

7
裂けた顔の像があるなんて知りませんでした。2019/07/11

スズコ(根っこと翼編)

7
伏見稲荷には行ったことがあります。この本を読むと色々見方が変わりますね。2016/07/31

かっぱ

5
やっとこの表紙の巻にたどり着けた。伏見稲荷の話は期待通りのおもしろさを含んでいた。稲荷山の参道がインフィニティに見えるというのも面白い。実際に千本鳥居の参道はどこまでも続くように思える。ここでは教授の悲しい過去も明かされる。他の二編、「扶桑伝説」と「裂けた仮面」も、想像力を掻き立てられてよかった。2012/10/13

ツキノ

3
巨木と石炭の関係については知らなかった…!2012/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521014

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。