ゲッサン少年サンデーコミックス<br> 国境のエミーリャ(6)

個数:1
紙書籍版価格
¥715
  • 電子書籍
  • Reader

ゲッサン少年サンデーコミックス
国境のエミーリャ(6)

  • ISBN:9784098511181

ファイル: /

内容説明

★分断なき世界を。人々の笑顔を願う物語。

時は1963年。
“鉄のカーテン”直下の東京は、
そびえる壁により東西に分断された街。

そんな東京の東側、ソ連統治下の東トウキョウで
夢や愛する人との暮らしを断たれてしまった人々のために
“脱出請負人”として生きる人がいた。

杉浦エミーリャ。信念を持った女性。

彼女は、たとえ相手が誰であろうとも
人が人らしく幸せに生きられる道があるのなら、
手を差し伸べようとする。

エミーリャを追う立場である民警警部・ウラゾフ。
難病に冒された彼の妻を救うため、
エミーリャは敵ともいうべき存在である
ウラゾフにも手を差し伸べようとした。

だが、その判断は彼女の身に
真の危機をもたらしてしまう────

いつかこの国をひとつに。
そんな希望は、ここで潰えてしまうのか!?

生命を真っ赤に燃やす仮想戦後活劇、緊迫の第6巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YS-56

5
諦めを知らない強い思いが、いつの日にか報われますように。2022/05/15

もだんたいむす

4
今巻も話の展開にドキドキしながら読了。消波ブロックの話はすんごく面白かった。2022/05/15

ネタバレ:トキメキのあまり展開してしまう存在しない記憶たち

4
ウラゾフ警部がうまいこと協力してくれるの良い……2022/05/12

Hiroki Nishizumi

1
危機が迫ってくる!のではないか2023/02/16

電羊齋

1
「昼食は売り切れ!」がだんだんアクロバティックになってきているw本巻では樽に乗ってるし。本巻はスパイアクションっぽい脱出アクションが多く、ウラゾフの切ないストーリー、恋愛パートもあって読み応えがあった。次巻ではストーリーが大きく動きそうで楽しみ。2022/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19610539
  • ご注意事項