ゲッサン少年サンデーコミックス<br> 国境のエミーリャ(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ゲッサン少年サンデーコミックス
国境のエミーリャ(3)

  • ISBN:9784098503759

ファイル: /

内容説明

日本東西分断の戦後を描く仮想歴史活劇!

時は、冷戦最中の1962年。

舞台は、敗戦後に戦勝国による分割統治のあげく
冷戦の激化により国そのものが東西に分断されてしまった日本。

国境の街となった東京にはベルリンさながらの強固な壁が築かれ
人々は往来の自由を奪われてしまった。

そんな街で西への亡命を望む人々が頼るのが“脱出請負人”という存在。

東トウキョウに住む杉浦エミーリャもその一人。
表向きは十月革命駅(旧・上野駅)の人民食堂給仕係をしながら、
裏で危険な仕事を請け負っている。

当然彼女は、当局によってその身を狙われる存在。

中でも民警(ミリツィヤ)国境犯罪捜査課警部・ウラゾフは
エミーリャの逮捕に執念を見せる危険な男。
やがて彼の地道な捜査が結実し、
エミーリャの身に最大の危機が…!!

ソ連による実質支配下にある日本人民共和国を舞台に
赤みがかったノスタルジーを届ける都市活劇!
緊迫の第3巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei-zu

6
あの頃、東側諸国に何があったのか。日本も分断されていれば「あったかもしれない」庶民の困難が読んでいて苦しい。 一方で、人は困難を乗り越えようとする。「祭り」の開催は、共産主義でも止めることができない。山車に乗る、我らのエミーリャの晴れ姿を見よ! だが、当局はそんな彼女に忍び寄る。監禁されるエミーリャ。東京に東西の思惑が交錯する。2021/02/01

5
鉄っぽいネタがぐっと少なくなって、いかにも冷戦という緊迫感が流れていた。いずれはベルリンのようなことにたどり着くのだろうか。2021/01/23

Ex libris 毒餃子

3
段々と話が面白くなってきた。エピソードごとにロシア的哀愁がある。2021/01/30

toriarii

2
エミーリャを追う側のエピソードも出てきた。。エミーリャが所属する地下組織がかなりの規模であることが判明する。自動車のエピソードも面白い。最後の身代わりのエピソードのオチはクスッとした。引き続きチェック。2021/04/04

YS-56

1
信じたいものを信じる。西と東では、覗いている鏡は随分と違うようですね。2021/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17121108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。