ゲッサン少年サンデーコミックス<br> 国境のエミーリャ(3)

個数:1
紙書籍版価格
¥650
  • 電子書籍
  • Reader

ゲッサン少年サンデーコミックス
国境のエミーリャ(3)

  • ISBN:9784098503759

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2024/6/12~2024/6/25】
日本東西分断の戦後を描く仮想歴史活劇!

時は、冷戦最中の1962年。

舞台は、敗戦後に戦勝国による分割統治のあげく
冷戦の激化により国そのものが東西に分断されてしまった日本。

国境の街となった東京にはベルリンさながらの強固な壁が築かれ
人々は往来の自由を奪われてしまった。

そんな街で西への亡命を望む人々が頼るのが“脱出請負人”という存在。

東トウキョウに住む杉浦エミーリャもその一人。
表向きは十月革命駅(旧・上野駅)の人民食堂給仕係をしながら、
裏で危険な仕事を請け負っている。

当然彼女は、当局によってその身を狙われる存在。

中でも民警(ミリツィヤ)国境犯罪捜査課警部・ウラゾフは
エミーリャの逮捕に執念を見せる危険な男。
やがて彼の地道な捜査が結実し、
エミーリャの身に最大の危機が…!!

ソ連による実質支配下にある日本人民共和国を舞台に
赤みがかったノスタルジーを届ける都市活劇!
緊迫の第3巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei-zu

8
あの頃、東側諸国に何があったのか。日本も分断されていれば「あったかもしれない」庶民の困難が読んでいて苦しい。 一方で、人は困難を乗り越えようとする。「祭り」の開催は、共産主義でも止めることができない。山車に乗る、我らのエミーリャの晴れ姿を見よ! だが、当局はそんな彼女に忍び寄る。監禁されるエミーリャ。東京に東西の思惑が交錯する。2021/02/01

Ex libris 毒餃子

4
段々と話が面白くなってきた。エピソードごとにロシア的哀愁がある。2021/01/30

toriarii

3
エミーリャを追う側のエピソードも出てきた。。エミーリャが所属する地下組織がかなりの規模であることが判明する。自動車のエピソードも面白い。最後の身代わりのエピソードのオチはクスッとした。引き続きチェック。2021/04/04

YS-56

2
信じたいものを信じる。西と東では、覗いている鏡は随分と違うようですね。2021/02/09

fum_sz

2
池田邦彦さん、もともと画力を漫画力で補っているタイプの方だとは思っていて、今作はそれを特に強く感じてしまうのだけど、だからといって原作に徹するよりは、この画で漫画を描いてこその魅力でもあると感じさせるのだよなー。不思議な作家さんです。2021/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17121108
  • ご注意事項