ゲッサン少年サンデーコミックス<br> 国境のエミーリャ(1)

個数:1
紙書籍版価格
¥650
  • 電子書籍
  • Reader

ゲッサン少年サンデーコミックス
国境のエミーリャ(1)

  • ISBN:9784098500277

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2024/6/12~2024/6/25】
鉄道漫画の旗手・池田邦彦が挑む新境地!!

『カレチ』『甲組の徹』『グランドステーション』など、
数多くの鉄道漫画を生み出してきた池田邦彦が
新たに挑むのは「仮想戦後活劇」!

物語の舞台は、太平洋戦争末期に本土決戦を経て
「1946年1月」に敗戦を迎えた日本。
ソ連を含む各国軍によって分割占領された日本は、
やがて「日本民主共和国」と「日本国」として独立。
それぞれが東西陣営に属する国家となり、
列島には鉄のカーテンが降ろされることとなる。

両国の境界には強固な壁が建設され、
国境の街となった東京は東西に分断されてしまう。

1962年の東トウキョウ。
押上で暮らす19歳の杉浦エミーリャは
十月革命駅(旧上野駅)の人民食堂で働く女性。
その彼女が持つもうひとつの顔、
それは東から西へ人々を逃がす脱出請負人としての顔。
若くして危険な橋を渡る彼女を待つ未来は果たして!?

“可能性としての東京”を舞台に、
壁の街で自分の道を模索する人々の物語、ここに開幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kei-zu

22
壁に隔てられた頃のベルリンは、政治的な緊張の中で東西の思惑が交錯する街だったという。 本書は、東西に分断された東京で、主人公の少女は東側からの「脱出」を手配する。 彼女が働く上野駅(「十月革命駅」に改名されている)の人民食堂など、ソビエト連邦の影響が大きい街の描写も興味深い。 危険な仕事の傍ら、食堂の描写のたびに「食べ物は全部売り切れよ!」と叫ぶエミーリャのなんと魅力的なこと。2021/01/16

akihiko810/アカウント移行中

18
旧ドイツのように、戦後東西が壁で分断された日本・トウキョウを舞台に、亡命請負人「逃がし屋」エミーリャの活躍。 まず設定が面白い。東日本が共産圏になるとか、じゃあ我が家も共産圏だな、とか思いながら読んだ。鉄道ものの漫画家として名をはせた作者・池田だが、こんな話も作れるのかと思った。しかし気になったのは、以前と比べて絵が下手になったこと。資料がそろわなかったのかアシがいないのか。少年漫画(ゲッサン)で絵の劣化は致命的だと思うのだが…。エミーリャの活躍は気になるが、結構想定内のレベルで話は続くかも 2021/04/23

kenitirokikuti

14
著者の過去作は『シャーロッキアン!』で知っていたが、メインは鉄道の方ということも知っていた。他の本のレビューを見ると、工業デザイナーだったそうな(Nゲージとかだろうか?)▲本書はソ連に詳しい元ライトノベル作家?の津久田氏を監修に(『テールエンド―海賊放送アプリコット通信』を買った覚えある)、日本が東西分割された世界を描く。ヒロインは東から西への逃し屋のひとりである。この設定だと、最後は死ぬか亡命するしかないので辛い▲また、探偵小説として眺めても、まだまだやりようがあるもんだなと思いました。2020/02/15

電羊齋

13
日本東西分断ものはよくあるが主人公のキャラクターとその周りの社会状況はよく作り込まれていて、引き込まれるものがある。作者及び監修者がソ連・共産圏・中国をよく研究していることが感じられた。作中の街角のロシア語・日本語併記もアクセントになっている。自分も以前ロシア語を学んだことがあるので面白く読めた。2020/02/22

ジロリン

12
あの<ほのぼのマンガ>の池田邦彦が、仮想歴史モノで美少女が主人公…しかも<お色気シーン>つき!w「いったいどうい事になるんだ!?」と思いつつ読み始めたが…面白い!協力者がいるようだが、緻密に構築された<東西分断された戦後日本>の世界観(主に東側)だけでも興味深い。そこに加え、池田氏お得意の<テツ>ネタを絡めたトリックの数々も面白い。作者が自ら述べてる「少年マンガに不可欠なお色気要素」は、頑張ってブっこんではいるものの、これに萌えるか?と言われると…かなりマニアックな人限定かなwそれも微笑ましいのだが♪2020/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15050032
  • ご注意事項