MJ無線と実験2018年7月号

個数:1
  • Kinoppy

MJ無線と実験2018年7月号

  • 著者名:MJ無線と実験編集部
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 誠文堂新光社(2018/06発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

特集:日ごろの心配りが音に現れる オーディオ機器メンテナンスの工夫
7月号特集はアナログオーディオ機器を中心に、日常のメンテナンス、オリジナルアイテムの作製など、さまざまなアイデアを紹介しています。また製作記事は柳沢正史氏のRL12P35プッシュプルアンプ、岩村保雄氏の直熱3極管ラインアンプ、上野浩資氏の300Bシングルアンプ、金田明彦氏の真空管D/Aコンバーターなどを掲載しています。

目次

目次
ズームアップ
Hi-Fi追求リスニングルームの夢 No.594 デジタル調整の6ウエイシステムで聴く超繊細な音楽表現 東京都調布市 斉藤洋一氏宅
珍しいドイツ独自の送信管使用,トランスドライブで最大出力23W RL12P35モノーラル無帰還プッシュプルパワーアンプ 柳沢正史
固定バイアスで出力9W,4種の出力トランスを交換可能 プスバン300Bシングルパワーアンプ 上野浩資
マグノーバル管WE418Aを直熱3極管に変更,改造時のポイントを詳細に解説 WE101Fクラーフ結合単段ラインアンプ 岩村保雄
DCアンプシリーズNo.260 USB,OPT,COAX入力,真空管カレントミラーDSC,SEPP出力ラインIVC 真空管D/Aコンバーター[後編] 金田 明彦
10周年を迎え,名実ともに世界的イベントに 春のヘッドフォン祭2018
ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第54回]フェーズメーションの歩み(1)沿革と黎明期の代表モデル 柴崎 功
新製品ニュース
特集 日ごろの心配りが音に現れるオーディオ機器メンテナンスの工夫
DDプレーヤーの電源ケーブル交換で音質向上 小林貢
クリーナーと制振による接点まわりの音質改善 柴崎功
レコード盤のクリーニング 井上千岳
接点を中心とした真空管アンプのメンテナンス 征矢進
リニアトラッキングアームの製作 編集部
制作記事 RL12P35モノーラル無帰還プッシュプルパワーアンプ 柳沢正史
制作記事 プスバン300Bシングルパワーアンプ 上野浩資
制作記事 WE101Fクラーフ結合単段ラインアンプ 岩村保雄
DCアンプシリーズNo.260 真空管D/Aコンバーター[後編] 金田 明彦
高能率・高音質システムを目指す 小型スピーカーの設計と製作 第123回 小澤隆久
インピーダンス特性の音への影響 スピーカーの音とパワーアンプの特性の関係(1)新井悠一
MJテクニカルレポート オーディオスペース LS3/5A 2ウエイスピーカーモジュールを使ったオリジナルシステムの製作 (2)小澤隆久
アナログレコード再生再入門 第2回 アナログプレーヤーの押さえておくべきポイント 正木豊
自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負」第27回 YouTubeでプロモーションする方法 渡邉博海
MJレポート MUTEC MC3+USBとREF10間のクロック伝送を比較試聴
第5回蓮田オーディオクラブ真空管シングルアンプ競技会
読者の作品誌上ギャラリー
MJディメンション
MJオーディオ情報
デジタルオーディオのキーデバイス オーディオ用ICの特徴と応用例[第80回]A-D/D-Aコンバーターデバイス(61) 河合 一
LPレコードの真実 第59回 重量盤の「スーパーディスク」(4)リヴァーサイドのモンク 山口克巳
クラシック新譜紹介
ジャズ・ポップス新譜紹介
オーディオは悩ましい 第77回いまどきのカセットテープ 原島一男
名曲を訪ねてシネマの森へ121 柳沢正史
部品交換

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数62件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす