MJ無線と実験2019年3月号

個数:1
  • Kinoppy

MJ無線と実験2019年3月号

  • 著者名:MJ無線と実験編集部
  • 価格 ¥1,425(本体¥1,296)
  • 誠文堂新光社(2019/02発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

特集:第4回MJオーディオフェスティバル完全ガイド
3月号特集は目前に迫った第4回MJオーディオフェスティバルの試聴イベント、出展企業、出品作品などの見所を紹介しています。また製作記事は征矢進氏の真空管LCRイコライザーアンプ、上野浩資氏のKT150シングルアンプ、金田明彦氏のNutubeハイブリッドパワーIVC、柴田由喜雄氏の「完全」DCプリアンプなど豊富な内容です。

目次

目次
ズームアップ
リスニングルーム No.600 自作大型4ウエイシステムで追求する迫真の音楽再現 神奈川県真鶴町 山崎剛志氏宅
フィデリックス PURE FLAT  LP用外周ディスクスタビライザー/アスカオーディオ AMG-1000  LP用外周ディスクスタビライザー
メッセの全ホールを使用して,過去最多の1152社・団体が2054小間に出展 InterBEE 2018国際放送機器展
[特集]さらに規模を拡大した春の大イベント 第4回 MJオーディオフェスティバル完全ガイド
LCRユニットをSEPPでドライブ 真空管式LCR型フォノイコライザー 征矢 進
位相回転を抑え,強力な電源により大出力を目指した KT150シングル24Wパワーアンプ 上野浩資
DCアンプシリーズNo.263 初段Nutube 6P1,2段目6111,3段差動アンプ,出力段SiC MOS-FET SCT3030AL採用 AC電源ハイパワーハイブリッドパワーIVC[後編] 金田明彦
低ドリフトオペアンプ採用DCバランス補正回路で実現した 「完全」DCプリアンプ[製作編(2)] 柴田由喜雄
高能率・高音質システムを目指す 小型スピーカーの設計と製作 第131回 小澤隆久
ヘッドフォン補正と音創りシステム構成の考え方 音楽再生とエフェクト(6) 新井悠一
EAT EAT300B
新製品ニュース
ハードウエアの変遷にみるオーディオメーカーの歴史[第62回]ソウルノートの歩み(4) 最終回「2シリーズ」コンポの回路技術と実装技術 柴崎 功
アナログレコード再生再入門 第10回 MM型がMC型に近づく? いまどきのフォノカートリッジ事情  正木豊
自室 録音スタジオ化計画 真剣勝負 第35回 DAWの引っ越し 渡邉博海
追悼 佐久間駿
キット製作レポート 三栄電波 KT66シングルパワーアンプ アラルガンドE-66SS-IIを作る 半澤公一
読者の作品誌上ギャラリー
MJニュース レイオーディオ“Casa de Daiju”第27回コンサート 松尾一彦「ちょっと特別なクリスマスコンサート2018」
川口オーテ゛ィオクラフ゛ セミナー
第23回チューフ゛・アンフ゜・クラフ゛豊橋 試聴会&レコート゛コンサート
MJディメンション
MJオーディオ情報
デジタルオーディオのキーデバイス オーディオ用ICの特徴と応用例[第88回]総集編(8)河合 一
LPレコードの真実 第66回 ワックス盤からラッカー盤へ(2) 山口克巳
クラシック新譜紹介
ジャズ・ポップス新譜紹介
オーディオは悩ましい 81 悩みの処理には音楽を! 原島一男
名曲を訪ねてシネマの森へ129 柳沢正史
部品交換

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数56件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす