イサック(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

イサック(1)

  • ISBN:9784063882810

ファイル: /

内容説明

2つの勢力に別れ、後に30年戦争と呼ばれる激しい戦いの最中にあった17世紀の神聖ローマ帝国。そこに傭兵として現れたのは「イサック」と名乗る日本人の男! 遠く日本を離れ、ヨーロッパ大陸までやってきたイサックの目的とは!? 彼の壮絶な戦いが始まる!! 『勇午』の真刈信二氏と『死がふたりを分かつまで』のDOUBLE-S氏の新タッグがおくる、骨太エンターテイメント!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

40
関ヶ原後、仇を追って海を渡った銃士イサックの物語。映画版『ラストオブモヒカン』のホークアイを彷彿させる狙撃、孤高の戦士。侍ではないようだが、秘めた志は〝侍〟。プロテスタントの側に立って九千の敵に立ち向かう様には痺れます。後半は騎士たちとの遭遇戦。剣も使えるのか。敵の皇太子、噂通りの臆病者には思えない、ハラハラ!!2018/04/14

ヒロ

25
おもしろい。良い。好き。2020/02/16

緋莢

16
書店で平積みされていて、最初の方を試し読み出来るようになっており、興味を惹かれて、手に取りました。西暦1620年。後に「三十年戦争」と呼ばれる戦いが繰り広げられている中、ファクスブルク城にイサックと名乗る日本人が援軍に現れます。火縄銃を持って。ファクスブルク城に攻めてくるスペインの大軍、その将軍を見事に狙い撃ち、退却させます。イサックの目的は自分の親方を殺した相手を見つけ、殺す事。イサックの射撃の腕は相当なものなんですが、一人でどこまで出来るかというと・・・まだ始まったばかりなので、何ともいえませんが。2018/08/12

サケ太

13
美麗な絵で描かれる30年戦争を独りで戦う火縄銃の男、イサック。舞台と設定が魅力的。2018/10/10

はるわか

12
1620年、ドイツ・プファルツ選帝侯領、フックスブルク城(プロテスタント)vsスペイン軍(カトリック)。傭兵。一人の日本人が自らの使命を果たすため神聖ローマ帝国を舞台に孤独な戦いを開始する。ユートピア、それは何だ?「恩」は心の負債みたいなものだ。イサック、ゼッタ。2018/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12043816

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。