イサック(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

イサック(3)

  • ISBN:9784065110546

ファイル: /

内容説明

時は1620年。後に「三十年戦争」と呼ばれる戦乱の最中にあった神聖ローマ帝国。落城寸前のフックスブルク城にたった一人の援軍として現れたのは「イサック」と名乗る男だった。彼は遠く日本から仇を追ってヨーロッパへ渡って来たという。イサックは携えた火縄銃でスペインの大軍を二度撃退した。その頃、イサックと似た火縄銃を持つ「ロレンツォ」と名乗る男が敵側に参陣した!風雲急を告げる骨太エンターテイメント第3弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

27
ロレンツォ(錬蔵)との因縁が語られた。しかし、しほりさまはまだ拘束されているのだろうか。かなりの時間が流れてしまっているが・・・。現代の狙撃戦のセオリーを冷徹に実行するロレンツォに、イサックの戦術は通用するのか。おかえりボルマン隊長、やっぱり良い人だった。2018/04/19

緋莢

14
イサック(猪左久)がロレンツォ(錬蔵)を追う原因となった出来事が語られます。イサックが持つ盡(尽)とロレンツィオが持つ信の銃。この二挺が揃えばその作り方が分かるようになる。「太平の世で生きる男ではない」ロレンツォは 2人の師匠の言葉通りの男でした。城へ攻めてきたスペイン軍。圧倒的不利な状況の中、勝つためにはロレンツィオを撃つ事が必要。そんな中、「私が撃つわ」右腕の使えないイサックに代わり、ゼッタが宣言。緊迫感があります。2018/08/12

はるわか

11
これからの戦争は、希望と欲望が戦を始め、恐怖と裏切りがそれを終わらせる。要塞都市ローゼンハイム包囲戦。イサックとプリンツ・ハインリッヒ、ボルマン隊長。スビノラ将軍とロレンツォ、アルフォンソ王太子。2018/09/18

コリエル

5
砦の攻防戦。数百の手勢で1万の大軍を相手取るが、陥落は目前。この漫画、毎度毎度なかなかの大ピンチを迎えるな。作画のDOUBLE-Sはあまり表情の変わらない絵を描くからちょっと淡々としてるけど。2018/03/23

祐樹一依

4
【○+】防戦一方でヒーヒー。一発逆転を狙うしかないのか、しかしじり貧ではないのか。物量がまだまだものを言う時代、銃の驚異や如何に。2021/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12651261

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。