日々ごはん(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

日々ごはん(9)

  • 著者名:高山なおみ【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • アノニマ・スタジオ(2015/10発売)
  • 2月2度目の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/25)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784877586508

ファイル: /

内容説明

ときには夏休みのように、日々は続きます。『日々ごはん』(1)~(12)の続きは、『帰ってきた日々ごはん』として2015年発売。

<ある日の日記より>
夕ごはんでは、外で網焼きバーベキューをやることになった。缶ビールを飲みながら、外で食べるのはなんでもものすごくおいしい。景色はすばらしいし、空がだんだん暮れてゆく。薄暗くなってからの時間がまた長くて、なかなか暮れない。こういう料理が、北海道にはぴったり似合うんだな。原始人みたいに素材を焼いて、焼きたてを食べたい人がどんどん食べる。面倒なことは何もしないのに、すごーくおいしい。暗くなったら、ランプをつるして、「納屋バー」になった。炭の火が落ちてきたので、玉葱がゆっくり乾きながら焼けて、すごく甘くなるのを発見したり、枝豆をのせておいたら、ちょっと薫製みたいな香ばしい味になったり。そうやっておいしい食べ方の発見をしながら、大昔から料理というのは生まれてきたんだなと思ったり。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホークス

32
料理家の日記。「豆ごはんは色を気にせず一緒に炊き込んだ方が美味しい。今まで豆の色がきれいに残る様、別茹でして加えていた。私はカメラを気にしていただけだった。こういう事は他にもある気がする」。自分に染み付いた余計な飾りについて考えてしまった。48歳の著者は、半生の落とし前をつける様に、自分の過剰な思いや焦りを冷静に眺めている。友人の存在をしみじみ有り難く感じるのもこの巻の特徴。朝が早くなり、晩ごはんのメニューはシンプルになってきた。油揚げとニラの塩炒め、ほうれん草と焼き椎茸のおひたしなどは食べてみたい。2019/09/16

yomite

4
高山さんて、ずっと若い人たちにも、決して大人ぶったりしないし、逆に年上の人たちにも、まったく同じに接するし、とにかく、いつでも作らない人柄というのがいいなぁと思う。だから、その周辺に居る人たちも、みんな素敵な魅力的な人たちばかりなのだろうな。2010/07/11

のぼる

3
名前はよく聞く料理家の日記。よく知らないのに九巻から借りてしまった。ほんとに飾り気のない普通の日記ですね。妙に彼女に詳しくなってしまった。これから、高橋みどりさんと旦那さんのことを知ったり。料理系の業界の世界ってすごく狭いですね。でも、スーパーで惣菜を買ったり、朝食食べなかったりをさらけ出しているのは意外!まあ子育ても終わった二人暮らしならこんなものか。陳さん印のシュウマイ、食べてみたい!震災前ののどかな様子にはちょっとしんみり。当たり前のように外で自然を楽しめる世界はもう来ないのかな…。2013/03/08

ケイ

3
再読。チクタク食卓と平行しつつ、もう一度じっくりと味わう。2009/07/29

2
ちょこちょこ読み進めました。最後らへんに切ったり貼ったり作業のものはチクタク食卓なのかなーと思います。2014/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504902
  • ご注意事項