角川学芸出版全集<br> 角川インターネット講座3 デジタル時代の知識創造 変容する著作権

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader

角川学芸出版全集
角川インターネット講座3 デジタル時代の知識創造 変容する著作権

  • 著者名:長尾真【監修】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • KADOKAWA(2015/01発売)
  • ポイント 20pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

電子化による集積がすすむ人類の知は、新たな創造を刺激する開かれた情報資産となりうるのか? 図書館、出版、電子メディア、そして著作権制度の視点から、情報共有と知的生産の行方を問う。
■執筆者情報
《第一部 知の共有と著作者の権利》
序章 知識・情報の活用と著作権
 長尾真(元京都大学総長、前国立国会図書館館長、京都大学名誉教授)
第1章 インターネット時代の著作権制度
 中山信弘(明治大学特任教授、東京大学名誉教授、弁護士)
第2章 万人が著作者の時代
 名和小太郎(情報セキュリティ大学院大学セキュアシステム研究所特別研究員)
第3章 デジタルアーカイブのオープン化と著作権の新時代
 岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー)
《第二部 出版と知識創造の未来》
第4章 電子書籍とは何か?
 萩野正昭(株式会社ボイジャー取締役)
第5章 情報共有時代の社会制度
 歌田明弘(大正大学表現学部教授)
第6章 ウェブと電子書籍は、作品と作者をどう変えたか
 仲俣暁生(文芸評論家、編集者)
第7章 デジタルアーカイブとは何か
 杉本重雄(筑波大学図書館情報メディア系教授)
第8章 メタ複製技術時代の〈世界脳〉
 遠藤薫(学習院大学法学部教授)
第9章 デジタルの衝撃と文化のサスティナビリティ
 吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長、東京大学文書館副館長)
※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数16件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす