宇宙兄弟(13)

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

宇宙兄弟(13)

  • 著者名:小山宙哉【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063729818

ファイル: /

内容説明

“It’s a piece of cake.”魔法の言葉が六太(ムッタ)を前に進めてくれる――。そんな前向きな六太に全速力でぶつかってきたのは、かつて遭遇したパイロット教官デニール・ヤング!! 彼が“最低”にして“最強”の教官であることを六太はまだ知らない……!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

139
デニールの引退、日々との日本での扱いからのシャロン博士との話に感動した。2014/09/07

masa@レビューお休み中

109
嘘はついてはいけない。幼い頃、両親からそう教わった。でもそれは絶対ではない。ついても良い嘘もあるんだ。やさしい嘘といえばいいんだろうか。互いのことを思い合うために、実現不可能かもしれない約束をする。ムッタもせりかもシャロンも…。その優しさとか潔さが本当格好いいなと思ってしまう。デニール・ヤングの再登場にも驚いてしまった。まさか、パイロット教官だったとは…。無謀で凶暴に見えるけど、全然そうではないんですよね。もう、宇宙兄弟に出てくる人たちはみんな格好良すぎてファンになってしまうなぁ。2017/10/06

645

84
“It's a piece of cake”や“心のノート”等印象的な言葉が多かった。キーボードが2台?…意味が分かった時涙腺が…(笑)二人の何が凄いってこういう所。字の経過を見るにシャロンの今後は楽観視出来ないが、彼らの絆があれば大丈夫だろう。試験は散々なムッタだが、それがまた良い出会いに繋がる。デニールとの飛行訓練は微笑ましく何より楽しそうだった。正式な宇宙飛行士となりお世話になった面々から多くの推薦状…これは良い人達に出会った“運”とムッタの人望が有って舞い降りたビッグチャンス。どう決断する?2013/06/29

抹茶モナカ

78
一かけらのケーキ。シャロンの言葉。楽勝だよ、って。良い言葉。2013/01/01

HIRO1970

71
☆☆☆2011/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2450928

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。