1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...

【紀伊國屋書店出版部】6月新刊『塗りつぶされた町――ヴィクトリア期英国のスラムに生きる』

19世紀末、統計学者チャールズ・ブースが所得階層別に色分けされたロンドンの地図を作成する。そこで最下層が多く住むスラムとしてひときわ黒々と塗りつぶされたのがイースト・エンドはニコル地区だった。まもなく、すさまじい貧困のなか6000人が暮らす、広さ約0.06平方…

2018.07.03 出版  

【紀伊國屋書店出版部】6月新刊『腸と脳──体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』

■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■腸と脳のつながりを40年研究し続けた第一人者の集大成16か国で刊行決定!!■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■-■「あの人に会うと思うと…

2018.07.02 出版  

【紀伊國屋書店出版部】6月新刊『ゲッベルスと私――ナチ宣伝相秘書の独白』

ドキュメンタリー映画「ゲッベルスと私」 岩波ホールほか全国劇場にて順次公開中!(岩波ホール創立50周年記念作品)「なにも知らなかった。私に罪はない」ヒトラーの右腕としてナチ体制を牽引した宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの103歳の元秘書が、69年の時…

2018.06.22 出版  メディアで紹介 映画・ドラマ化

【紀伊國屋書店出版部】2月新刊『利己的な遺伝子 40周年記念版』

この本が、世界の見方を一変させた――科学史に燦然と輝く不朽の名著、新装版刊行!!私たちはなぜ、生き延びようと必死になり、恋をし、争うのか?本書で著者は、動物や人間の社会で見られる、親子間の対立や保護行為、夫婦間の争い、攻撃やなわばり行動などがなぜ進…

2018.02.16 出版  サイエンス

【紀伊國屋書店出版部】2月新刊『お隣りのイスラーム――日本に暮らすムスリムに会いにいく』

「時代によって場所によって人によって、 イスラームもいろいろです。 日本だっていろんな恰好をしてる人がいるでしょ。 同じだよ」現在、日本に暮らすイスラーム教徒は10万人超。その出身国は100か国以上。日本全国に80以上のモスクが出来、多くの大学でハラ…

2018.02.15 出版  人文 scripta

【紀伊國屋書店出版部】2月新刊『私はすでに死んでいる――ゆがんだ〈自己〉を生みだす脳』

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「いやいや、私の脳は死んでるんです。 精神は生きてますが、脳はもう生きてないんですよ」【コタール症候群】自分は死んで…

2018.02.14 出版  サイエンス

【紀伊國屋書店出版部】2月新刊『アウシュヴィッツの歯科医』

ナチス収容所で歯科医を務め、奇跡的に生き延びたユダヤ人が綴った、スリリングなノンフィクション1941年、ポーランドの小さな村のユダヤ人家庭で暮らしていた21歳の青年が、ナチス・ドイツの強制収容所へ送られる。歯科医の勉強を始めて1年目の彼に、母は歯の治療…

2018.02.07 出版  ノンフィクション 歴史

鶴見済さん(『0円で生きる』著者)&吉田奈緒子さん(マーク・ボイル『無銭経済宣言』翻訳者)のトークイベント開催! 2018年1月20日(土)

1月20日(土)18:30より、新宿Cafe★Lavanderiaにて、鶴見済さん(『0円で生きる』著者)と吉田奈緒子さん(マーク・ボイル『無銭経済宣言』翻訳者)のトークイベントが開催されます!入場無料(投げ銭制+要ドリンクオーダー)。吉田さんの…

2018.01.18 出版  イベント

『週刊東洋経済』に書評掲載!『1493――世界を変えた大陸間の「交換」』

▼週刊東洋経済(2017年12月30日・2018年1月6日合併号)  出口治明氏評(ライフネット生命会長兼CEO)「お薦めブックガイド 年末年始の必読書はこれだ」のコーナーにて、「お薦めの5冊」に選んでいただきました!2016年には、以下多数の書評が…

2017.12.25 出版  人文 メディアで紹介 歴史

朝日新聞「今年の3点」『セレンゲティ・ルール――生命はいかに調節されるか』

朝日新聞「今年の3点」(12/24付)で、山室恭子さんに『セレンゲティ・ルール』を選んでいただきました! https://www.asahi.com/articles/DA3S13288208.html・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

2017.12.25 出版  サイエンス メディアで紹介

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...