1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...

【紀伊國屋書店出版部】12月新刊『LIFE 3.0――人工知能時代に人間であるということ』

超知能AIが出現したら何が起こるか?AI開発の指針「アシロマAI原則」の取りまとめに尽力し、AI安全性研究を牽引する著者が、現在考えうる各シナリオを検討して、来るべき世界の姿と生命の究極の未来を考察する。労働、法律、軍事、倫理から、生命と宇宙、機械の意識ま…

2020.01.14 出版  AI サイエンス テクノロジー 売れそう 人工知能

【紀伊國屋書店出版部】11月新刊『情動はこうしてつくられる――脳の隠れた働きと構成主義的情動理論』

「情動、心、脳の理解は現在革新されつつある」──では、われわれ人間の正体とは?情動はこれまで〈理性のコントロールが及ばず自動的に引き起こされる反応〉と捉えられており、生まれつき組み込まれた"情動神経回路"があるーー悲しい出来事があると〈悲しみの神経回路〉…

2019.11.08 出版  

【紀伊國屋書店出版部】8月新刊『エイリアン――科学者たちが語る地球外生命』

地球外生命は存在するのか?それは極限環境微生物か、無機質な知性体か──★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★「エイリアン」はもはやSFではない!★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★天文学、宇宙物理学、生化学、遺伝学、神経科学、心理学な…

2019.09.04 出版  サイエンス 売れそう

【紀伊國屋書店出版部】8月新刊『ぱくりぱくられし』

=☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆=木皿さんの作品は、言葉が生きて泳いでいる感じ。新しい感覚の出会いが私の宝物です。──仲 里依紗(女優)=☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆==☆=「木皿ドラマ」の台詞の数々はどのように生ま…

2019.08.21 出版  文学 売れそう

【cross review】生命の知恵の結晶(書評者 鎌田浩毅)―『流れといのち――万物の進化を支配するコンストラクタル法則』

cross review『流れといのち――万物の進化を支配するコンストラクタル法則』■ 生命の知恵の結晶(書評者 鎌田浩毅)■ あなたの愛する人に贈るべき本(書評者 神田昌典)■ 「流れ」がもたらしたパラダイムシフト(書評者 橘 玲)生…

2019.05.14 出版  

【cross review】あなたの愛する人に贈るべき本(書評者 神田昌典)―『流れといのち――万物の進化を支配するコンストラクタル法則』

cross review『流れといのち――万物の進化を支配するコンストラクタル法則』■ 生命の知恵の結晶(書評者 鎌田浩毅)■ あなたの愛する人に贈るべき本(書評者 神田昌典)■ 「流れ」がもたらしたパラダイムシフト(書評者 橘 玲)あ…

2019.05.14 出版  

【cross review】「流れ」がもたらしたパラダイムシフト(書評者 橘 玲)―『流れといのち――万物の進化を支配するコンストラクタル法則』

cross review『流れといのち――万物の進化を支配するコンストラクタル法則』■ 生命の知恵の結晶(書評者 鎌田浩毅)■ あなたの愛する人に贈るべき本(書評者 神田昌典)■ 「流れ」がもたらしたパラダイムシフト(書評者 橘 玲)「…

2019.05.14 出版  

【紀伊國屋書店出版部】5月新刊『流れといのち』

肺の分岐構造と樹木の形状が似ているのも、動物たちが多種多様な姿かたちをしているのも、ただの偶然の産物ではない。さらには集積回路の放熱板も、河川の流れも、世に見られる階層制も交通網も、富の流れも文化の伝播もメディアの構造も──「生物・…

2019.05.13 出版  サイエンス

【紀伊國屋書店出版部】2月新刊『書物の破壊の世界史』

=================================「50世紀以上も前から書物は破壊され続けているが、 その原因のほとんどは知られていない。 本や図書館に関する専門書は数あれど、 それらの破壊の歴史を綴った書物は存在しない。 何とも不…

2019.02.27 出版  人文 社会

書評掲載!『10億分の1を乗りこえた少年と科学者たち』@HONZ

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆書評サイトHONZに、澤畑塁さんによるレビューが掲載されました!「巧みなストーリー構成に導かれながら、ときには心を乱され、ときには拍手喝采し(略)読み進めることができるだろう」【HONZ …

2018.12.07 出版  サイエンス メディアで紹介

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...