富士見ファンタジア文庫<br> 公女殿下の家庭教師9 英雄の休息日

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
公女殿下の家庭教師9 英雄の休息日

  • ISBN:9784040741451

ファイル: /

内容説明

王国動乱、決着。激闘を終えたアレンは東都で教え子たちに囲まれ、療養しながらほっと一息。だが彼の名声は最早、『剣姫の頭脳』では収まらない。彼を巡って教え子と大人たちが動き始め――!? 第3部、堂々開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

33
王国動乱決着。激闘を終えたアレンは東都で教え子たちに囲まれ、療養しながらほっと一息。だが彼を巡って教え子と大人たちが動き始める第九弾。決着した内乱の戦後処理、対外的な対応も動き始める中、年上メイドのリリーさんに甘やかされながら東都で教え子たちに囲まれて療養中のアレン。アレンに許された「流星」の称号とそれを巡る騒動。リリーさんが今回でぐいぐい存在感を増して、主要キャラの一人に躍り出そうな勢いですが、これだけ多くの人に支持されているアレンなら、もし快く思わない勢力が出てきても、みんなで乗り越えられそうですね。2021/07/16

まっさん

22
★★★★☆ ずっと推し続けている作品の第九弾。今巻は前巻で区切りが着いた一つの大きな物語の後日談的なお話であり、戦後様々な陣営の後始末を多方面から描いた、という意味ではサブタイトルにある休息感はあまり感じられなかったかも。その分、出番が限定的になっていたヒロインズがしっかりと出番を与えられており、また個人的にweb版とは展開が異なるアレンの後輩・ギルに関する話は思わずうるっときてしまうものがあった。全体的にこれまで登場したメンツが満遍なく顔を見せた印象だけど、勇者であるアリスがその境遇も影響してそこま→2021/07/17

norstrilia

21
リリーさん好きなので挿絵も多くて喜ぶ。Web版との違いとか、両方読んでいるからこその楽しみもあって、こんなにハマったシリーズは久しぶりだな、と。2021/07/17

げんごろう

12
王国動乱が決着し束の間の休息。 天真爛漫なリリーの可愛らしさ全開。彼女の存在感が急上昇するなど、アレンの周囲が一段と賑やかになりましたね。ヒロイン達との甘いひととき、実に眼福でした。 諸々の問題もひとまず解決し、次巻はリディヤとの…。 楽しみですね! 2021/08/08

クロマ

6
ようやくひと段落落ち着いてた感じの内容。リリーがとりあえず有能なのは分かった。今回アレンの後輩がもう一人出てきたが、あまり出なかったのでもう少し出番は欲しかったのが本音。次巻が楽しみ。リディヤがメインなのかな?2021/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18158121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。