マージナル・オペレーション(16)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

マージナル・オペレーション(16)

  • 著者名:キムラダイスケ【著】/芝村裕吏【原作】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 講談社(2021/02発売)
  • 夏休みもあと少し!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065222720

ファイル: /

内容説明

彼はニートだった。少年兵、少女兵を従え、世界の戦場で戦略・戦術の常識を覆し、数々の伝説を打ち立てた異端の才能。「子供使い」の悪名を自嘲し、身寄りのない3千人の子供たちを守り抜いたオペレーター(指揮官)。彼は日本人で、驚いたことに30歳そこそこだった。新天地を求めてたどり着いたミャンマーの国境で、10倍以上の敵軍を迎え撃つ新田良太(あらたりょうた;通称アラタ)が選んだマージナルオペレーション(ぎりぎりの作戦)とは! 現代の伝説、ここに完結!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

22
この舞台になってるミャンマーはクーデターで、、、アッチも鉄火場になってるな。。2021/02/22

AKF-ZERO

12
ついに始まった密林での、アラタ&子供達3000人VS中国軍14万人。圧倒的数の不利を、アラタは1000個小隊同時オペレートという奇跡のような戦いで中国軍を逆に追い詰めていきーー。そしてアラタが頭の良い敵と評したあの人と接敵。ここまでやったからにはやはり二部である改のコミカライズも読みたいですね。なんでしたら『空白の一年』や『F1』『F2』もやってもらいたいな。キムラダイスケ氏はとりあえずお疲れ様でした。続きをやるにしろこの先まだまだ続くので休養は必要ですし、担当がかわるにしろやはり時間は必要です。2021/06/07

D-suke

5
★★★★★再読 最後まで面白かった 最初と比べると随分と遠いところまで来たけれど、イヌワシの戦いはまだまだ続くのかな マージナルオペレーション改が続編なら読んでみようと思う。面白い漫画だったから完結したのは悲しい。2021/04/27

ウイロヲ

3
完結巻。原作小説未読の方には話がはしょられているのでは?と思われかねないあっさりさだけど、むしろこのコミック版に関しては原作に不足している要素や描写を大幅に加筆されてるくらいなので、ストーリー的には元々こんな感じ(原作ミャンマー編自体、蛇足感すらある)。中国軍の話を膨らまさないなら、まぁこんなもんというか。ともあれ、丁寧で良質なコミカライズを最後まで行ってくれたキムラダイスケ氏に拍手。2021/03/05

黒キリン

3
なんか突然完結した〜 全員の就職は見られなかったが、ジブリールのとの仲を含めて、全部うまくいったのだろう。 2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17241659

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。