角川文庫<br> 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 沈黙の予言

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 沈黙の予言

  • ISBN:9784041091203

ファイル: /

内容説明

予言が告げられた―。 旧友の依頼によって湖畔のペンションを訪れた八雲と晴香。 そこに現れた預言者を名乗る不思議な女性。彼女のもたらす呪われた予言の真相を、八雲たちは解き明かすことができるのか。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

79
ペンションでのクローズドサークル。心霊要素の少ない王道ミステリーだった。重みのある内容に加えて、いつものメンバーによるやり取りも無いせいか少し疲れた2020/07/24

itico

65
同級生の依頼を受け、山奥のペンションに向かった八雲と晴香。このシリーズでは珍しいクローズドサークルだった。予言通りに人が死んでゆく薄気味悪さ、幽霊の存在、あまりにも少ない情報の中で、八雲がどう切り崩してゆくのかが興味を引くところ。相変わらず晴香は何の役にも立たず、と言うか少々アホっぽくないか?犯人はアイツだろうと予測していたが、実際は複雑な人間模様だったな。 2020/05/26

チアモン

62
お久しぶりの八雲シリーズ番外編。後藤さんの出番がなかったとこにはちょっと残念。二転三転と真相にたどりつくまではあったけれど、ラストは辛かったなぁ。本編は残すところあと1冊。早く発売日か来て欲しいという思いもあるけれど、これで終わってしまうのかぁと寂しい部分もある。2020/04/27

55
シリーズの番外編。心霊現象が続くペンションに不吉な予言。かつての同級生の依頼により調査を始めた八雲たちが事件に巻きこまれるクローズドサークルもの。時間軸は本編より前だということが八雲のツン具合でよく分かる。晴香も頼りない感じだし、最初の頃はそういえばこんな感じだったなと懐かしみながら読んだ。事件の裏にあった悲しい復讐心とずっと抱え込んでいた後悔と。根本にあるものはらしいものではあったけれど、八雲、晴香以外のお馴染みのメンバーが登場しないのが少し寂しい。本編は次で最終巻とのこと。どんな結末になるのか楽しみ。2020/04/02

真澄

54
ANOTHER FILES 最終巻。クローズドサークルで事件が起こる。ミステリー仕様で面白かった。2021/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15352660

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。