角川文庫<br> 心霊探偵八雲3 闇の先にある光

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
心霊探偵八雲3 闇の先にある光

  • ISBN:9784043887033

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

八雲にまた新たな相談が持ち込まれた。なんでも、飛び降り自殺を延々と繰り返す、女性の幽霊が出るという。しぶしぶ調査を引き受ける八雲だったが、そんな八雲の前に“死者の魂が見える”という怪しげな霊媒師が現れる。なんとその男の両目は、燃えさかる炎のように、真っ赤に染まっていた!? 敵か味方か、八雲と同じ能力を持つ謎の男の正体、そして事件の真相は!? 驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー第3弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むらKみ

166
ホラーもミステリーも私には丁度いい、伏線も沢山あり楽しめる作品です。今回は晴香がトラブルメーカーにならず落ち着いて読む事ができました。(^^; 八雲も晴香効果か、印象が丸くなったような気がしますね。八雲シーズを読んで、霊より人間の方が怖い事がよく分かりました。m(-_-m) 後藤刑事と石井刑事のボケとツッコミも楽しみ。(^-^) 4巻突入します。   2013/05/08

68
3巻目にして、石井刑事の大ファンになりました‼八雲は巻を追うごとに面白くなっていきますね‼続きが早く読みたいです‼2013/05/23

moon

58
過去の事件の復讐を果たそうと心霊現象を装ったトリックが繰り広げられる。解決を迎えるものの、私情と犯罪が絡むと真実がここまで歪むものかと思う。2012/09/16

りゅう☆

50
心霊現象の恐怖を感じるより、生きている人間の欲望が招いた残忍な行為や体裁を守るための隠蔽のせいで犠牲となった人生を辿ることになった事が本当に痛たまれない。今回は登場人物全員がキーパーソンだし、八雲vs赤い目を持つ自称霊媒師神山、見解違いの2人の対決、そして驚愕の事件の真相と相変わらず読み応えあり。そしてひねくれ者の八雲だが、晴香が彼の驚きの行動で彼の中の温かさを心の芯まで感じた場面はキュンとなった。暴行事件によって狂わされた人生という思いテーマの中でも石井刑事のボケキャラに救われる。石井刑事、転びすぎ!2014/07/21

ありす

49
シリーズここまでで一番面白かったです。本作は丸ごと一冊の長編でした。八雲に持ち込まれたのは、飛び降り自殺を繰り返す幽霊の相談。一方、幽霊による(?)密室から女性が姿を消す事件が発生。八雲と同じ真っ赤な目を持つ怪しげな霊媒師も登場し…。事件の内容、真相共に女性としては辛いものでした。八雲の言うことに素直に従う後藤刑事が面白かった。『石井、走り出す。転んだ―。』これが結構ツボ。石井刑事、一体何回転ぶんだ(笑)【シリーズ3作目】2020/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573697

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。