角川文庫<br> 心霊探偵八雲8 失われた魂

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
心霊探偵八雲8 失われた魂

  • ISBN:9784041004784

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

あれは、ぼくがやったのか─? 目を覚ました八雲の側にあった、血まみれの遺体。混乱する八雲の前に、制服姿の少女の幽霊が現れる。「──赦さない」呟く少女を追って歩き出した八雲は、殺人の疑いをかけられ追われることに。一方、後藤から八雲が容疑者扱いされていると知らされた晴香は、八雲が姿を消す直前、ある心霊現象の調査を依頼されていたことを突き止め…!? 追い詰められる八雲の運命は!? 大人気シリーズ、緊迫の第8弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むらKみ

142
八雲8作目。八雲も言葉尻が柔らかくなってきましたね。晴香や八雲を囲む仲間たちの温かさが読む側にも伝わってきます。(^-^) その代わりの英心和尚がとてもいい。(^^; 今回も過去の許されざる犯罪が発端。このシリーズのいい所は犠牲者の恨みや悲しみが事件解決後にどう変化するのかが描写されているところですね。さあ最終局面。9巻を読みたいのですが、文庫がでるまで待ちます。2013/06/17

りゅう☆

85
八雲が人を殺した?どうなってるの?という場面から始まる。絶対人殺しなんてしないって分かってても八雲にとって不利な状況が続く。そんな中、後藤が警察という職を辞さない覚悟で八雲を守る姿がとてもいい。今まで描かれなかった八雲の心情もお目見えする。八雲の瀕死な状況に心配するも「逮捕されたら大切な人を殺す」というメモへの対応に不謹慎だけれどもニタニタ。八雲の後藤への毒づきに安堵し、まさかの真相に驚き、八雲の出生の秘密が明らかになり、七瀬雪美の恐怖におののく。最後の火の玉ではほっこり。やっぱりこのシリーズは好きだな。2016/08/01

nins

75
心霊探偵八雲シリーズ第8弾。目を覚ました八雲の前に死体が。出だしからピンチで始まる展開。分からず逃げ出す八雲は警察に追われることに。並行していつものメンバーを巻き込む事件も発生。スピード感たっぷり。後藤と晴香は容疑者扱いにされて消えた八雲を探しに現地へ。石井さんも後藤さんと離れて一人の行動することで初めて見えた成長。八雲に通じる赤い眼の過去と祖父。珍しい八雲視点で描かれて分かる晴香に対する気持ちの変化。後藤さんの転機。そして七瀬美雪の存在。危険な事件をくぐり抜けてきた八雲と晴香の距離が近くなってきた。2012/10/03

72
八雲が容疑者になってしまうという緊迫感溢れる、八雲シリーズ第8巻。もう続きが気になって気になってバスを降りるのが嫌になるくらいでした。私が言うのも何ですが、石井刑事成長しましたね。後藤刑事が警察をやめさせられてしまっても活躍できそうですね。この巻で八雲と晴香の仲がまた深まったんじゃないかなーという期待もしつつ。9巻を読むまで随分時間が空いてしまいそうですが、楽しみにしています。待ちます!そして期待します!(笑)2013/09/13

Yuna Ioki☆

46
841-44-4 八雲の出自が明らかに。禁忌の存在。。。。今回は八雲がいつもとは違って追われる立場に。晴香と八雲素直になれなかなか進展はないがお互いの気持ちは固まっている模様(笑)古狸の英心にかかると後藤も子供扱い(笑)いいコンビだ(笑)真琴と石井の恋の行方も気になるし、美雪の動向も気になる。2015/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5190605

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。