角川文庫<br> 心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている

  • ISBN:9784043887019

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。思い切って相談を持ちかける晴香だったが!? 女子大生監禁殺人事件、自殺偽装殺人……次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

射手座の天使あきちゃん

238
死者の魂が見える不思議な眼を持つ八雲、そこに次々と厄介ごとを運んでくる晴香さんが登場すれば・・・ 「謎解き」しかないですよねぇ!(笑) まあ、それにしても晴香さん面倒くさい人、身近に居たらヤダなぁ(笑) 夜読むとトイレ行けなくなるので、2巻目からは昼間に読みま~す!! <(^_^;2012/07/21

むらKみ

211
ミステリーとホラーの絶妙な組み合わせが「実におもしろい」作品ですね。殺された被害者が、幽霊となり伝えてくるメッセージ。そこから真実を解明していく八雲。本格ミステリーファンには反則かもしれませんが、ホラー好きにはたまりませんね。(^^) 八雲と晴香の噛み合わない会話。私には八雲とガリレオの湯川がかぶってしまいます。(^^; 全巻一気読みしたい。私も心霊探偵八雲シリーズ突入します。(^^)2013/04/30

osakana

94
読みやすいよね。あっという間に読めるし。おもしろいかと言われると、おもしろいような、たまにおもしろくないような。でも読めちゃうから読んじゃうみたいな。キャラクターはべたべただけど、でもいい。続きも読むよ。2014/10/13

セウテス

90
【心霊探偵八雲シリーズ】第1弾。死者しか見る事の出来ない隻眼を、左眼に持って産まれた大学生斉藤八雲が、探偵役として活躍するスピリチュアル系ミステリ。思っていた以上にさらりとした読み心地であり、面白いと素直に感じる。隻眼の能力はミステリにする事において、先に真実を理解出来てしまう可能性がある。この問題をどの様に解決するのか興味深くはあったが、本作はたいへん巧くこなしていると思う。ただし犯人当てや真相の予測という観点からは、解りやすいのは仕方ない所か。どこまで物語の幅を広げるのか、期待も含めて読み続けたい。2020/10/27

85
八雲さんと晴香さんの掛け合い、いい感じでした。これから、二人の関係が良くなるのかと思いきあ、なんだこの終わり方、晴香さんに何が起こるの、両目の赤い人は何者、気になります。次が楽しみです。2014/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578064

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。