プリンセス・コミックス<br> 薔薇王の葬列 10

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

プリンセス・コミックス
薔薇王の葬列 10

  • 著者名:菅野文
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2018/07発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253271905

ファイル: /

内容説明

エドワード王が倒れ、混乱する王宮。“未来”を考えなくてはならない事態に皆は……!? そして、執拗に狙われるリチャードの身体の秘密は、ついに暴かれてしまうのか!? 裏切りと契りの果てに覚醒したリチャードの進撃が始まろうとしていた…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

49
Twitterでやってたバラチェラーが面白くて。バッキンガム初登場時は馬に乗れなくて馬車に乗ってたのに本当にオトナになりましたねぇ。切ないなケイツビー。親子二代仕えたウォリックが妻にも愛されなかったエドワードを本当に愛していたのかも(愛あるお出迎えに涙)。2018/07/14

辺辺

30
積本崩し。バーキンガム策士過ぎて、イカす!今回もドロドロな展開でワクワクして読んでいた。でも、まさかバーキンガムとリチャードがあんな関係に!?主役がリチャードなんだから、どうしたって彼側に立ってしまって、悪女のエリザベスが邪魔で邪魔でならない。さっさと殺してしまえばいいのにと思ってしまう。どっちみち救われないリチャードなんだけど、この先はもっと茨道が待っていような。報われないケイツビーが哀れなり。てか、影で暗躍するティレル、あんたは何者なの?2018/07/21

なみ

17
バッキンガム!!!(ちょっと興奮してます)いや、でも私はケイツビー……全く感想になってなくてすみません。衝撃の巻、面白かったです。この先のさらにドロドロさが楽しみです。2018/07/13

こぽぞう☆

12
レンタル本。両性具有の者と交わるのは、背徳なのか?よくわからんな。しかしゾクゾクするね。ミレイの絵であんなに可愛いエドワードの王子ふたり、どうしようもない子供に描かれてるね。2019/07/26

ちぇしゃ

12
エドワード4世が死に、いろんな伏線がちりばめられているように感じた巻。とうとう運命の1483年の巻なんだなーと感慨深いwあとリチャードとバッキンガム公ヘンリー・スタッフォードとの関係が、いい塩梅でBDSMっぽくなってきてると思うのはわたくしだけでしょうかwその後の彼との関係の変化とリチャードがどういう手段をとるかの伏線としては、素敵にいいんじゃないかしらとほくそ笑んでしまう。個人的には、ケイツビーとの三角関係の変化も興味深いのだけど、例のあの記憶喪失的な人はどうなったのかが気になってるんですけどー!2019/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12919690

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。