プリンセス・コミックス<br> 薔薇王の葬列 7

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader

プリンセス・コミックス
薔薇王の葬列 7

  • 著者名:菅野文
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2017/01発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253271875

ファイル: /

内容説明

ヨークとランカスターの両家の戦は怒濤の展開に。そんな中、リチャードは愛した男・ヘンリーが、憎きヘンリー王であったと知ってしまい…!? さらにリチャードはエドワード四世から残酷な命を下され…!? ヘンリー六世編を描く第一部、クライマックスへ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

59
いやぁ、こんなに人が死ぬとは。このタイミングでお互いの正体がばれていくことがちっとも救いにならない。エドワードもリチャードも一番愛情を欲しい相手から刃を受ける。エドワードは実際の、リチャードは凶器の。エドワードとリチャード、何をおいても自分を愛してくれた存在を自分の手で殺す運命のリチャード。あのポイントで皆の素性が明らかになった事で裏切られたと感じてしまったのだろうか。ランカスター家の息子達の前で必死に罵倒するマーガレットに初めて母の愛をみた。彼女の愛情はわかりにくい。第一部完。2017/01/17

辺辺

29
うわ~~、怒涛な展開で一気読み。ヨークとランカスターの戦いが佳境に。シリーズ中結構癒しキャラのエドワード王子があんな死に方するなんて、予想外で悲しいし、リチャードとヘンリー王の運命も悪いほうへと悪いほうへと転がってくばかり。個人的に、全ての元凶であるエリザベスに惨い死を与えるべき。生かしてたらまた何をしでかすかわからんよ(亡きリチャード王を死に追いやった張本人で大嫌いである)それにしても、リチャードの母はどんだけリチャードが嫌いなの?親として理解できんな。これで悪魔なリチャードが出来上がったな。続き楽しみ2017/01/19

はるき

27
少女漫画とは思えない。登場人物が皆、憎しみと誤解に翻弄され無惨に散っていく樣に言葉がない。2017/02/13

雪紫

23
13巻まで期間限定無料の電子書籍にて読了。兄じゃない方のエドワードが一途で辛い(マーガレット王妃セシリー同様読んでて恐怖の象徴だったけど、一気に可哀想に・・・)。・・・そしてヘンリー、あんな状況で唆されたとはいえ・・・これがリチャードの勝利の代償なの?2020/09/17

ななこ

20
あぁ……なんだかもう、次々と畳み掛けるように救いようのない悲劇。リチャードも、ヘンリーも、エドワードも、本当に小さな選択やタイミングが全て悪い方向に重なってしまった。この物語に希望の光はあるのだろうか。それにしてもこの作品に登場する女性はみんな一癖二癖ありすぎて恐ろしいなぁ。2017/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11256831

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。