プリンセス・コミックス<br> 薔薇王の葬列 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥499
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

プリンセス・コミックス
薔薇王の葬列 1

  • 著者名:菅野文
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 秋田書店(2014/03発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253271813

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

中世イングランド。白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代…。 ヨーク家の三男・リチャードにはある秘密があった。それは、男女両方の性を持つということ。己を呪うリチャードは残酷な運命に導かれ、悪にも手を染めていくが……!? シェイクスピアの史劇「リチャード三世」を原案に描かれる運命のダーク・ファンタジー!!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

英知@マンガ専用

127
「オトメン」の菅野先生だーとずっと気になってました。相変わらず絵が美麗!ただ、私の苦手なカタカナ名がいっぱいで必死に頭の中でキャラを整理しながら読んだので、ちょっと疲れました;原案も知らないため終始???でした。兄弟のシーンはクスっとなる場面もあったけど、女性陣の憎悪が凄まじいし、戦のシーンはなかなか壮絶です;リチャードとヘンリーが出会うシーンが良かったなぁ。この2人が惹かれ合っていくのかな?でも、ランカスター家のエドワードがリチャードの正体に気付いたことでどうなるのかもちょっと楽しみですw2015/07/05

辺辺

107
シェイクスピアの歴史劇を少女漫画風にアレンジしたダークファンタジー。ぞくぞくする面白さ。かのワルなリチャードを魅力的な可愛くも可哀そうな半陰陽体に設定したのが凄く斬新。少女漫画でありながら、ベタな恋愛物よりも戦闘、殺戮、権力争いなどに重点を置いて読んでたので、展開の速さにワクワク。それにしても、登場人物の多くは気性がとても激しいようですね。まだまだ悲劇の序盤という印象ですが、主人公・リチャードと彼の父親・ヨーク公の【親と子の絆を超える禁断の何かの匂い】がするのは気のせい?この巻ではヨーク公ダントツ1位。☆2015/07/23

星落秋風五丈原

60
シェークスピアは「背曲がり」という身体的特徴を「リチャード三世が普通とは違う」ことのアピールに使ったが、本作では彼は両性具有という設定。母は息子でもありながら娘でもあるリチャードを「この世ならぬ存在を生んだ」と怖れる一方、夫を巡るライバルとして敵視。彼の周囲に集まるのは仲間達から疎まれる白い猪や「女でありながら男装して武器を取った」ジャンヌ・ダルクの亡霊など「普通とは違う」存在だ。物言わぬ猪と異なり、様々な言葉を投げかけリチャードを挑発したり翻弄したりするジャンヌはリチャードの心の声を具現化した存在。2015/02/27

カナン

33
薔薇戦争ほとんど記憶に残ってないんですよね…100年戦争の後とかもう英仏はカオスだったから全然頭に入ってこなかった。マーガレット王妃ってロンドンゲット!に失敗した人でしたっけ。これ、オチとしては誰が生きて誰がどう死ぬか最初からわかってるからお気に入りキャラ作るのが辛いですね。絵は美麗だと思うのですがキャラの描き分けがいまいち(マーガレットとセシリーがコマによっては同じ顔)なのと、衣装の描き方が自分の好みとは違うのが残念。特に薔薇戦争なのに薔薇の花結構手抜きなのが勿体ない。2016/12/03

たべもも

30
★★★★☆。『乙男』の菅野さんなので絵は文句なしに綺麗ですが、この題材を全く知らないので躊躇してしまった。もっと早く読めば良かった!悪魔の子と言われるリチャードと羊飼いだと言うヘンリーの出会いが美しい。リチャードの出生の真実が知りたい。2015/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7965695

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。