二見時代小説文庫<br> 老中の深謀 - 御庭番の二代目5

個数:1
紙書籍版価格 ¥699
  • Kinoppy
  • Reader

二見時代小説文庫
老中の深謀 - 御庭番の二代目5

  • 著者名:氷月葵
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 二見書房(2018/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

江戸城西の丸に暗雲! 操りの糸の先に誰が? 将軍吉宗もついに……。

江戸に来た百姓の父子が佐倉藩の侍に斬られた。佐倉藩主は老中主座の松平乗邑。百姓の口を封じようとする刺客に御庭番二代目が怒る。

将軍吉宗直属の御庭番、宮地家二代目の加門は、刀傷で苦しむ百姓父子を助けた。佐倉から江戸に来たという。佐倉藩主は老中主座の松平乗邑。佐倉藩の刺客はなおも百姓の口を封じようとする。かつて佐倉騒動に揺れた地の百姓らの生々しい声に、加門は……。同じ頃、北の丸の将軍世子家重に呼ばれ、懐妊したらしい側室の別邸への警護を命じられた加門は…。