ガガガ文庫<br> されど罪人は竜と踊る10 Scarlet Tide

個数:1
紙書籍版価格
¥921
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ガガガ文庫
されど罪人は竜と踊る10 Scarlet Tide

  • 著者名:浅井ラボ【著】/宮城【イラスト】
  • 価格 ¥913(本体¥830)
  • 小学館(2015/10発売)
  • 初夏を満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/19)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784094512793

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

待望、完全新作描き下ろし長編の続編!

最強最悪の快楽殺人者たちがエリダナに集う。
 そこで現在繰り広げられているのは、一切の「人間的感情」とは無縁の純粋な殺人ゲーム。誰が誰を殺すのか、誰が誰に殺されるのか、誰が誰と組んで殺すのか!?  大事なことは「どれだけ殺せるか」だけなのだ。その数が多いほど「勝利」に近づける。しかし、その殺戮と破壊の後には一体何が?
 目的の見えない大混乱の嵐の中、ガユスは激しく動揺する。さらに、最強の使徒・アンヘリオはパンハイマの娘・ペトレリカを誘拐、暴虐の限りをつくし、圧倒的な戦力で「祝祭」の中心へと踊り出る。かつてないほどの恐ろしく、凶悪な咒式の前にガユスとギギナ、そしてパンハイマも、攻撃のすべを失ってゆく。一方、使徒補足のため、エリダナに滞在する特別捜査官たちにも、謎めいた秘密があり…!?

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佳蘋(よし)

8
逆転に逆転に逆転。戦闘シーン相変わらず長いけど、息つく暇もないくらいに急展開が続いてました。あれれ?と思っている間にアンヘリオがあんなことに・・・・。ちょ・・・アンタ・・・いつも間にかそんだけペトレリカ大好きになったの!?2012/07/20

ニック肉食

7
使途もアンヘリオも狂ってる。もはやこの話が終わっても誰も救われた気にならないんじゃないかと思えるくらいには混沌としてきた。エリダナ市民には絶対になりたくない。そんな本巻。圧倒的なバトル描写も良かったが、胸糞展開もなかなか。先を読みたくないのに読ませてくれる。ペトレリカが救われて欲しいけと、彼女も若干おかしくなってきてるのかなと思った本巻でした。早速次巻を読もう!2016/08/18

よねはら

5
アンヘリオが揺るぎなく異常なので、気持ち悪いを通り越してなんだかカッコよく見えてしまうファンタジー。ラストで彼がマジギレしててかなり驚かされたんですが、次巻で金剛石の精神が変化しますかどうか。2011/07/11

ちゆっきー

5
長かった。そしてまだ続く。とりあえず戦闘シーンは良かった。アンへリオの狂気も、最後の方は少し好きになれた。人間ちっくな部分が見えれば少しは株が上がりますよ。続編はいつになることやら2011/07/11

紅羽

4
前巻を読んでから結構経ったので、またこのシリーズを読む気力が上がったので読み始めたら開始早々早速気力が挫かれました…。湯気立てるのは内臓ではなく、美味しい食べ物に使って下さい(笑)飴と鞭のように酷い描写とちょっとした日常っぽい描写が交互に入っているのが疲れます。自ら別れを切り出しても捨てられないガユスへの想いに縛られるジヴ。この先に救いはあるのでしょうか。2014/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3242892
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数25件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす