彼岸島 最後の47日間(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥618
  • Kinoppy
  • Reader

彼岸島 最後の47日間(5)

  • 著者名:松本光司【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063821246

ファイル: /

内容説明

「お前を殺すために、地獄の底から這い上がって来たんだよ」――雅(みやび)に次ぐ実力の持ち主・斧神(おのがみ)と再び刃(やいば)を交える時が来た! かつて苦汁をなめた因縁の敵相手に、優勢に戦いを進める明(あきら)――。だが、斧神には、明の知らない恐ろしい秘密兵器があった!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

23
斧神と再戦だけれども、吸血鬼の設定がたまにおかしいなって思う。由美の時は吸血鬼になったから殺したのに斧神や隊長は共存しようとするなんて、、まあ仕方がない2020/12/03

文吾

7
★★★/糞垂れ流しの鬼退治が済んだものの師匠がピンチ。今度こそ駄目かと思ったわ。斧神vs明は今度こそ決着るくのか。(t)2021/09/11

たぬきごんべい@漫画

4
斧神との戦い。吸血鬼は病気にならないのか。では死なないということか。じゃ何も食べなくても死なない?でも人間の血を飲まないと4~5日で邪鬼か亡者になる。避けるにはどの位の量の血が必要なのか、献血の血を貰い共存することは可能なのか?ハイハイ、ツッコんじゃダメですよ。2017/11/25

読み人知らず

4
急に西洋風になった。吸血鬼が病気にならないのはいいのかもしれんが。病を克服するのは強いな。2015/07/18

橘曙似

4
明がとことん丈夫だ。左腕が…とか、肋骨が何本かいかれたぜ…とか言いながら斧神様とのあの戦いぶり…。話が進まないので暫く読まないでいたら、3巻読み損ねている2012/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4526704

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。