文春文庫<br> 三国志 第一巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
三国志 第一巻

  • 著者名:宮城谷昌光
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 文藝春秋(2014/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167259211
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

宮城谷文学の集大成。現代日本の『三国志』決定版! 後漢王朝の衰亡――。建武元年(西暦25年)に始まる後漢王朝では、幼帝が続き、宮中は皇太后の外戚と宦官の勢力争いに明け暮れていた。正義の声は圧殺され、異民族の侵入が頻発し、地震や天候不順が続く。6代目の帝に皇子が生まれた時、守り役に1人の幼い宦官がついた。その名は曹騰(そうとう)。後に8代目順帝の右腕となった彼こそ、曹操の祖父である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちび\\\\٩( 'ω' )و ////

76
通常の三国志よりも遥か100年以上も前からこの物語は始まる。英雄今だ湧出せず、腐敗堕落した官僚と政治。次代の皇帝や名臣達も、悪臣達の裏切りや野望によって次々と倒れていく。歴史が後世の人々に教化する、不義を行う者の天罰の図が脈々と描かれている。そして宦官(去勢された男子)の曹騰が登場。今まで宦官は養子を持てず一代限りであったが、八代目順帝の頃、養子を持ち爵を継ぐことを許される。この何気ない少しの変化に天意がある。後に養子の曹嵩を持ち、その子供に曹操が誕生するのである。「宮城谷正史三国志」堂々の開幕!2017/02/27

とし

66
三国志〈第1巻〉。宮城谷さんの小説読むの何年振りか?全巻(12巻)完結したので読み始めました、孟嘗君(全5巻)の倍以上(^_^;)物語は後漢末期から始まるので登場人物が多し名前も似通っているので四苦八苦、最初は少し戸惑いながらやっと読了じっくり腰を据えて読まねば。2014/04/10

キジネコ

55
人物批評家許子将は、曹操を「治世の能臣、乱世の姦雄」と評して後世に名を成した。曹操生誕は後漢末期、西暦155年。物語は更に遡って西暦54年生まれの楊 震(よう しん)を描くことから始められた。楊 震の名を知らなくても「四知の教え」ならば…という方、少なくないでしょう。理性の象徴として歴史に登壇した男に自死に至る苦悩を与えた時代の紊乱を読者は体感する。皇帝の権威という蟲毒に狂う外戚と宦官の暗闘、王都の空で龍が大きな渦を巻き、贄の如く、時代の神は多くの命を燃やし尽くす。果たして物語に勝者などいたのだろうか?2018/03/06

Book & Travel

46
日経夕刊で連載中の『諸葛亮』を読んでいて、宮城谷氏の三国志が読みたくなり手に取った。本作は、なじみの横山三国志や吉川三国志などの元となった三国志演技ではなく、正史三国志をベースとしている。書き出しは黄巾の乱より百年近く前、四知という訓言を残した清廉な人物・楊震から始まる。外戚、宦官、官僚の権力争いが続き、衰退していく後漢王朝の中で、楊震、張綱など優れた人物が表れ、消えてゆく。劉備も曹操もまだ出て来ないが、様々な人物が丁寧に描かれ面白い。自分の中の三国志のイメージがどう覆されるのか、少し怖いが先が楽しみだ。2022/02/27

Die-Go

40
図書館本。三国志の世界を黄布の乱からではなく、曹操の祖父曹謄の少年時代から描いた歴史絵巻。陰謀渦巻く朝廷の中で、曹謄は仕えるべき太子と共に乗り越えてゆくが、その治世は儚かった。時代背景を丁寧に描くことによって、理解を深めることができそうだ。★★★★☆2022/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。