のだめカンタービレ(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥495
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

のだめカンタービレ(1)

  • 著者名:二ノ宮知子【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 講談社(2011/10発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063259681

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに) カンタービレ(歌うように)不思議少女・野田恵(のだめ)の奇行を見よ!クラシック音楽コメディ!!

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

324
結構有名なので読んでみた。こういう話だったのかぁと知ったのと、音楽系の大学ってそういう人多そうだなと思った。でも才能がモノを言う世界だから現実厳しいだろうなぁ。2017/08/12

ミカママ

120
ドラマから入ってコミックスも揃えた…はいいけど、もったいなくて熟成してました。このたび怒涛の一気読み。のだめちゃんかわいい。千秋先輩、イケメン❤️な上に音楽家、とか。楽器できる男子には、めっぽう弱いあたくしめのツボ押さえてる!漫画の絵柄(スカイツリーとか楽器とか)というのは、デフォの型紙があって、それを複写?するとか、アシさんが描くもんだ、と思ってましたが、漫画家の親友が「違〜う!1本1本、手で線引くんだ!」と申してました。二ノ宮さんも「ピアノを描いてると憎しみ覚える」とおっしゃってます。さぁ、次っ。2014/12/24

HIRO1970

117
⭐️⭐️⭐️子供の児童館で読みました。2016/01/09

れみ

115
中山七里さんの「おやすみラフマニノフ」を読んで無性に読みたくなり久しぶりに再読。俺様と思いきやのだめに良いように振り回される千秋(たまに白目)が可笑しい。しかし会社に持って行って読むのは危険だと分かってたのにやってしまった。休み時間に何度笑いを噛み殺したことか…(^^ゞと言いつつ明日は2巻を持って行く予定。2013/04/23

れみ

73
久しぶりに再読その1。俺さまと見せつつものだめや峰に振り回される千秋が可笑しく、面倒見が良すぎるところも素敵。ベートーヴェンの「春」や「悲愴」やモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」はのだめを読んでからよく聴くようになったけどどれもとても好きな曲になった。2016/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/570048
  • ご注意事項