集英社文芸単行本<br> チンギス紀 六 断金

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
チンギス紀 六 断金

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 集英社(2020/03発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087716863

ファイル: /

内容説明

金国とタタル族の決戦に、テムジンが出撃する! 完顔襄が率いる金国の大軍四万がタタル族討伐のために動き出した。父イェスゲイをタタル族に暗殺されたモンゴル族のテムジンは、金国の要請に応じて三千騎の出兵を決意する。ケレイト王国のトオリル・カンもまた金国の側に立ち、一万五千騎の陣容を整えた。一方、同じモンゴル族のジャムカは、金国とタタル族の双方を草原の民の敵とみなし、要請に応じない。草原の部族で金国と連合したのは、テムジンとトオリル・カンのみだった。ウルジャ河付近でタタル族と戦闘中の金軍に加わったテムジンは、メグジン・セウルトが率いるタタル族の大軍に突撃する――。モンゴルの草原に大きな流れが生じ、それがテムジンとジャムカの運命を変えていく、好評第六巻。

目次

河へ
行衣
界壕へ
子午の時
烽火はまだ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

192
2020年の第一作は、チンギス紀の最新刊第六弾、『断金』です。【チンギス紀完読プロジェクト】 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11287876?sort=book_count&order=desc 本書は、テムジンの速さスピードの巻でした。続いて2020年3月の第七巻へ。まだ連載は続いているので、第八巻までは、確定です。これまでの実績では、本シリーズは全10巻程度でしょうか? 2020/01/01

まえぞう

37
金とのつきあい方をめぐって仲違いしたテムジンとジャムカ。ついに、十三翼の戦い(だったと思います)に至り干戈を交えることに。一方で金に対して同じ立場をとるトーリル・カンともすれ違いのような状況です。モンゴル平原統一まであと少し。2019/12/11

パトラッシュ

36
少しずつテムジンとジャムカの差が開いてきた。戦いだけでなく外交や行政の大切さに目覚めたテムジンに対し、兵站を重視せず戦いに勝つことしか考えないジャムカ。無関係な民を巻き込むまいとしたテムジンと踏み砕くジャムカ。ただ強いだけでは生きていけないと悟ったか否かが、後の大帝国へと続く道を形成する。しかもテムジンが多くの子供に恵まれ母親としても優れた妻を持つのに対し、ジャムカの妻は子供はひとりだけで甘やかす。すべてが戦いで決せられる世界では、ほんの僅かな錯誤や見逃しの積み重ねが成功か破滅かの岐路になると作者は語る。2019/12/18

aloha0307

30
近隣の大国:金が動きテムジンも同調 仇敵:タタル族を弱体化させ、足元モンゴル族の支流:キャト氏をようやく統括(ここまで6巻 先が長そうだなあ) gold金には目もくれず鉄の生産、法制度整備にに着手。権力基盤がかたまってきました。今後に大いに期待です☺2020/01/26

フク

25
金国とタタル族の戦いが始まる。 テムジンの一族の棟梁としての立ち居振る舞いは、あいつの姿と重なる。その剣に相応しい大将になってくれ。2020/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14672304

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。