集英社文芸単行本<br> チンギス紀 四 遠雷

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社文芸単行本
チンギス紀 四 遠雷

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 集英社(2019/07発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087711820

ファイル: /

内容説明

ユーラシア大陸に拡がる人類史上最大の帝国、その礎を築いたチンギス・カン。波乱に満ちたその生涯と、彼と出会った様々な英雄たちの生きざまを描く歴史大河小説、好評第四巻。豊海(バイカル)に派遣した人員をメルキト族に殺害されたテムジンは闘いを決意し、一千騎を用意する。もともとメルキト族と対立する盟友のジャムカも一千騎を率い、テムジン軍を出迎えた。メルキト族の長トクトアもすばやく三千騎を召集したが、テムジンとジャムカはそれに痛撃を加えて軍を引いた。その後、ジャムカはケレイト王国のトオリル・カンの弟ジャカ・ガンボの姪であるフフーを妻に娶り、テムジンのもとには南から蕭源基らが訪れて再会を果たす。槍の達人ジェルメは、テムジンを二度斬った強者、玄翁に関するある事実を、テムジンに打ち明ける。そしてついに、トオリル・カンがメルキト族との闘いに臨むため約二万騎を召集し、テムジンとジャムカはそれに合流した。二人は先鋒に選ばれ、ケレイト王国軍の一員として、森を背にした強大な敵との一大決戦に挑むことになる。

目次

友よいつか
将帥の原野
風と雲
遠い血
鋼の日

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

178
【チンギス紀完読プロジェクト】 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11287876?sort=book_count&order=desc 第四弾、『遠雷』です。まだ大きな戦闘はなく、「鉄」が重要な戦略物資となって来ています。続いて2019年8月?の第五巻へ。まだ連載は続いているので、第六巻までは、確定しました。これまでの実績経験からすると、本シリーズは全10巻程度でしょうか? 2019/05/12

まえぞう

39
周辺の部族との争いが本格化してきました。いつも通り、北方さんの戦闘シーンは読みごたえがあります。月刊誌5回で一冊、すごいスピードですが、水滸伝シリーズ同様、20巻近くになりそうですね。2019/03/31

イトノコ

35
メルキトとの決戦に挑むケレイト王国のトオリル・カン。テムジンとジャムカは同盟軍としてその最前線に立つ。徐々に力を蓄え、ケレイトやメルキトといった大勢力からも一目置かれる存在になってきたテムジン。ジャムカとの関係は今のところ良好だが、決別の予感も漂い始めている。が…、話がなかなか進まなくてヤキモキする。このペースだとモンゴル統一だけで10巻くらい使ってしまうぞ(並行して読んでいるマンガ「ハーン」はマンガらしく展開早い)。次巻か次々巻くらいで十三翼の戦いか?この鬱憤を一気に決壊させるような怒涛の展開に期待。2019/05/30

はじめさん

29
草原の覇をかけて猛きメルキト族と鎬を削るジャムカ、テムジンの親友モンゴル同盟軍。よっしゃ、オールモンゴルで迎え撃つぜ! とならずに片腕を戦で失いながらも、妻にして最強の女剣士ラシャーンを筆頭にした数多の右腕を有するタルグダイもいまだモンゴル族統一を諦めてはいない。同じ部族内でミンチ→タルタルハンバーグやってるようじゃあ、帝国はいまだ遠い。/ テムジンもジャムカも子宝に恵まれ、テムジンは母ホルエンが馬乳で育てた直系や拾い子といった数多の弟らとの絆も深い。ラシャーン姉さんとこに子ども産まれたら次世代編熱そう。2019/05/24

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

27
図書館本:速読。面白かった最後の方で鉄の剣を入手するあたりが面白いと思った。只地理的関係やより密接に絡み合う人物相関図が把握できなかった。テムジン陣営のお歴々もさることながら対立する陣営の人々も、魅力的だ。鉄を手に入れた彼らはいかなる策を講じるのか、先が楽しみである。2020/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13593509

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。