集英社文芸単行本<br> チンギス紀 一 火眼

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
チンギス紀 一 火眼

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 集英社(2018/10発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087711325

ファイル: /

内容説明

ユーラシア大陸に拡がる人類史上最大の帝国、その礎を築いたチンギス・カン。波乱に満ちたその生涯と、彼と出会った様々な英雄たちの生きざまを描く、新たな歴史大長編、ついに開幕! 12世紀、テムジン(のちのチンギス・カン)は、草原に暮らすモンゴル族のキャト氏に生まれた。10歳のとき、モンゴル族を束ねるはずだった父イェスゲイが、タタル族に殺害されてしまう。テムジンのキャト氏は衰退し、同じモンゴル族のタイチウト氏のタルグダイとトドエン・ギルテが台頭、テムジンたちに敵対し始める。危機的な状況のもとで、テムジンは、ある事情から異母弟ベクテルを討ったのち、独りいったん南へと向かった……。草原の遊牧民として生まれ、のちに世界を震撼させることになる男は、はじめに何を見たのか? 人類史を一変させた男の激動の生涯、そこに関わった人間たちの物語を描く新シリーズ、待望の第一巻。

目次

砂塵
雪の白さ
曇天に光は
日々の色
原野再び

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

192
北方謙三は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。大水滸シリーズが完結して、もう超長編は描かないのかなと思っていた矢先、新シリーズ『チンギス紀』が始まりました。https://www.shueisha.co.jp/kitakata/chingisuki/ これに合わせて【チンギス紀完読プロジェクト】を始動させました。脳内BGMは当然この曲 https://www.youtube.com/watch?v=ol50CA0WQEk まずは第一巻、13-14歳 弟殺し⇒放浪⇒帰還、続いて第二巻へ!2018/06/19

ひこうき雲

141
『そういう歴史は俺が作ります』─チンギスハーン13歳。弟殺しの罪で追われ、過酷な旅に出るところから、物語は始まる。漢、漢、漢…壮大な北方ロマン開幕!2020/12/27

とん大西

109
北方謙三さん初読みのうえ、モンゴル帝国の歴史も初挑戦。『弟を殺したのも俗。逃げたのも俗。俺は俗にまみれる。その俗の中から俺が歴史をつくる。』-父を亡くし、弟殺しの汚名を着て一族を離れたテムジン13歳。砂漠を放浪し、南の異民族の国へ。今やモンゴルの草原は群雄が割拠する戦国時代。鹿の肉を食い、羊を飼い、馬乳酒を飲み、馬を駆る遊牧の民達、戦士達。少年テムジンは燃えるような眼で臥竜の如く覚醒をまつ。歴史をつくる英雄、後のチンギスカンとなるべく。冒険活劇のような英雄の硬質な黎明期。このあとの活躍にワクワクします。2018/11/03

あすなろ

94
草原の歴史は、語り部も曖昧なことしか語らない。しかしそれは語られるだけでいい。記述される歴史は俺が作ります。そんな成長を遂げたテムジン。物語は、耐えるところから始まる。弟を斬った時から楽をして生きてはならないと自らに課した少年は、自らが若いことを、身を切られる程つらいと称す。この辺りの描写が堪らなく好きだ。こういう北方節は、ハードボイルド時代から連綿と続く酔わせる表現。かの見城氏が、引退したらゆっくり北方中国史を愉しみたいと語る。寝しなに酔わされながら読了したシングルモルトウィスキーの様な一冊であった。2018/10/30

まえぞう

55
水滸伝の次はチンギスです。モンゴルものはいくつも読んでいて、好きなテーマですが、北方さんはどう描いてくれるか楽しみです。まだ始まってませんが、特に戦闘シーンに期待しています。2018/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12772650

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。