集英社文芸単行本<br> チンギス紀 八 杳冥

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
チンギス紀 八 杳冥

  • 著者名:北方謙三【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 集英社(2020/11発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784087717242

ファイル: /

内容説明

モンゴル族の統一をかけた大きな戦いに結着がつくも、敗れた者たちはそれぞれに生き延びる。その中には、命ある限りテムジンの首を狙い続ける者もいた。テムジンはモンゴル族統一後も、遊牧だけではない生活を見据え、積極的に動く。軍の南の拠点となるダイルの城砦を訪れ、さらに大同府へと向かう。大同府には、かつて一時期を過ごした蕭源基の妓楼があった。そこでテムジンは轟交賈の男と出会う。しかし、そのような状況下、草原を生きる者たちに激震をもたらす出来事が、ふたたびテムジンを待ち受けていた。好評第八巻。

目次

雪が孕むもの
青竜の日々
孤雲流れる
分水嶺
風の通る道

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

171
【チンギス紀完読プロジェクト】 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11287876?sort=book_count&order=desc 今回は、最新刊第八弾、『杳冥』です。本巻は、モンゴル族統一の巻でした。続いて11月発売の九巻へ。まだまだ続きそうです。 https://www.shueisha.co.jp/kitakata/chingisuki/2020/07/29

パトラッシュ

49
モンゴル族統一完成の巻。前巻でジャムカたちを破ったテムジンとオン・カン連合だが、共通の敵を失った失った途端に相手を蹴落とそうと隙を窺う。広大なモンゴル平原を舞台としながら展開する探り合いは、宮廷内の権力闘争を思わせる緊張をはらんで展開する。『元朝秘史』ではもっと長く続く2人の戦いを短期間に凝縮させ、オン・カン父子の壮絶な戦死という劇的シーンを速いテンポで描き出す。一方でジャムカも捲土重来を諦めず、本当の意味で最後の決戦が近いことを予感させる大きな曲がり角だ。この連作はあと7、8巻で終わりそうな気配がする。2020/08/23

まえぞう

39
トオリル・カンが、策士策に溺れるという形で呆気なく滅び、草原最後の大敵、ナイマンとの戦いが迫ってきました。でも、その前にジャムカとの決着ですよね。どんな形で漢としての最後を向かえるか、北方さんの腕の見せどころですね。2020/07/18

彼岸花

29
闘って、闘って、闘い抜く人生。ただ、それだけのために生きるとは。否応なく世代交代の波にのまれていき、テムジンも、息子たちの活躍で、一層、軍が強固なものに。夫を支える女性たちの役割は大きく、献身的でそつが無い行動から、学ぶことが多いです。特に、ラシャーンが全身全霊をささげ、尽くす姿に心打たれました。何故ジャムカは反金を貫いたのでしょう。親友の首を正気で取れるものか、歴史は残酷です。次回、決着はつくのでしょうか。2020/11/26

aloha0307

29
ついにモンゴル族は統一された❣ が、敗者はあきらめず地下に潜伏。未来を見据えて動くテムジンは兵力増強よりも、軍の組織を整えることを優先 鉄鉱石の確保も着々...大草原の勢力図を激変させる、新たな危難;盟友ケレイト王国の離反が...今後の展開が楽しみでなりません☺ 第一巻冒頭で登場し、テムジン少年を諭した簫源基の逝去は寂しいな(;_;)...2020/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16147139

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。