週刊東洋経済<br> 週刊東洋経済 2020年2月15日号

個数:1
  • Kinoppy

週刊東洋経済
週刊東洋経済 2020年2月15日号


ファイル: /

内容説明

【第1特集】信じてはいけない クスリ・医療
受けたくないムダな医療50
抗菌剤が効かない耐性菌の脅威
Part1 クスリの罠
飲んではいけない薬
高齢者への安易な処方で認知症患者が数十万人
薬害に腰の重い厚生労働省
規制だけでは解決できない 増える10代の市販薬乱用
Part2 病院の裏側
量産されるムダな入院
気づけば「透析漬け」に… 人工透析天国ニッポン
産婦人科医の過労、その危険な実態
県立病院で主導権争い勃発 医師不在に翻弄される町
医師偏在の解消は道半ば 地域枠が嫌われる理由
[ルポ]精神科病院の深い闇 理由なき4年間の強制入院 42歳女性が味わった地獄
「身体拘束の最小化を目指す」 東京都立松沢病院院長 齋藤正彦
Part3 がん治療・検査の闇
がん見逃し誤診に要注意
“ステージ0”で発見する最新検査 生存率の低い膵臓がんに光
[告発スクープ]湘南美容外科グループの“独自療法” 民間がん免疫療法の真相
「患者は正しい情報の収集を」 国立がん研究センターがん対策情報室長 若尾文彦

【第2特集】米国販売改革の最前線 マツダの試練
「売り方を180度変える」 マツダ社長兼CEO 丸本 明

スペシャルリポート
背水の陣で臨む手数料ゼロ ネット証券5社の曲がり角
チャールズ・シュワブの無料化で急展開 米国の手数料競争は最終局面へ

ニュース最前線
日本企業を襲う新型肺炎 業績・生産への打撃は不可避
前田道路にTOBを断行 ゼネコン前田建設の焦り
しまむらが異例の社長交代 業績回復へ険しい道のり

連載
|経済を見る眼|企業の感染症リスク対策は機能するか|太田聰一
|ニュースの核心|2020年代は長期的視野とバランス重視で|大崎明子
|編集部から|
|『会社四季報』ルーキー登場|ランサーズ
|トップに直撃|GCA CEO 渡辺章博
|フォーカス政治|英国のEU離脱が暗示する「国家の復権」の危うさ|牧原 出
|グローバルアイ|AIは社会保障を根底から揺るがす/若い人口はアフリカの資産
|INSIDE USA|小さな政府の保守派がなぜ 論争呼ぶ新・産業政策論|会田弘継
|中国動態|中国が国運託す硬骨の医師 新型肺炎が示す「人治」の実情|田中信彦
|マネー潮流|ECB新総裁が仕掛ける議論|木内登英
|少数異見|タイ人が約束を守ることを喜べない理由
|知の技法 出世の作法|「やられたらやり返す」 ロシアによるスパイ事件|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|総合的な分析が可能に 行政データ活用のすすめ|別所俊一郎
|人が集まる街 逃げる街|犬山市(愛知県) 世界に向けて犬山ブランドを発信|牧野知弘
|クラシック音楽最新事情|伝説のカストラート よみがえる奇跡の歌声|田中 泰
|話題の本|『小説 「安楽死特区」』著者 長尾和宏氏に聞く ほか
|「英語雑談力」入門|infectious(伝染性の)|柴田真一
|ゴルフざんまい|曲がっちゃうボールと曲げるボールの違い|三田村昌鳳
|経済クロスワード|日本の医療
|読者の手紙 次号予告|

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数283件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす