江戸前エルフ(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

江戸前エルフ(1)

  • 著者名:樋口彰彦【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2019/11発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065176252

ファイル: /

内容説明

東京都中央区月島。江戸時代より400年以上の歴史を刻む『高耳神社』。祀られたるそのご神体は、異世界から召喚され、すっかりひきこもったエルフのエルダでした。「自分の代わりにーー、江戸をーー、この国を見届けてくれ」と約束したのは、なんと徳川家康!? 不老不死がゆえに、江戸から令和へと伝わる伝統はさることながら、オタク的知識もどんどん蓄え、文明生活を満喫中です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆず

6
絵もキャラもかわいい!ピュアであたたかい触れあいにほっこり。ときどきクスっと笑えます。2021/05/25

kenitirokikuti

5
著者の過去作「ルー=ガルー」コミカライズから、最新作のこれを買う。最近のマニア系少年漫画もかっこつけた伝奇アクションからゆるいコメディの方が多くなった感があります。「何年も続く大々長編」&「番外編的な連作短編」のうち、大長編がソーシャルゲームの方に移ったので、マンガなどでは後者の方がメインになったからではないだろうか?▲作中では月島にある架空の古社「高耳神社」が舞台だが、モデルは佃の住吉神社のようす。第二巻では大阪の「廣耳神社」の祭神が訪問してくるようだ2020/05/03

渡辺たまご

4
めしばな刑事みたいな蘊蓄系が好きな人におすすめかも。そこまで濃くないけど、軽い江戸蘊蓄が入っている。 徳川家康と友達のエルフが神様としてまつられて、引きこもって生活している。 絵は綺麗でかわいいし、のんびりとした日常漫画で癒される。面白かった。2020/10/12

シュレッダ

2
とりあえず、いらない要素たくさんあるなー2020/05/19

nais

2
好きなタイプのお話。絵も綺麗で面白かった。全体的に優しい感じ。眠そうな眼の困り眉エルフさんがとてもよい。2019/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14670727

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす