ヒーロー文庫<br> 薬屋のひとりごと 8

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
薬屋のひとりごと 8

  • 著者名:日向夏/しのとうこ
  • 価格 ¥680(本体¥630)
  • 主婦の友社(2019/03発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

シリーズ累計130万部突破! オーディオドラマ化決定! コミック2冊もほぼ同時発売。猫猫の推理が冴えわたる待望の第8弾!

毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、

猫猫のもとに大量の書物が届いた。

送り主は、変人軍師こと羅漢。

碁の教本を大量に作ったからと、猫猫に押し付けてきたらしい。

興味がないので売り飛ばそうかと考える猫猫の考えとは裏腹に、

羅漢の本によって、宮中では碁の流行が広がっていくことになる。

一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、

砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。

そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、

羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。

開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、

さぼっている仕事をこなすように説得するのだが――。

日向 夏(ひゅうがなつ):福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)など。



しの とうこ:イラストレーター。

『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。