ヒーロー文庫<br> 薬屋のひとりごと 8

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
薬屋のひとりごと 8

  • 著者名:日向夏/しのとうこ
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 主婦の友社(書籍)(2019/03発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784074368846

ファイル: /

内容説明

シリーズ累計130万部突破! オーディオドラマ化決定! コミック2冊もほぼ同時発売。猫猫の推理が冴えわたる待望の第8弾!

毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、

猫猫のもとに大量の書物が届いた。

送り主は、変人軍師こと羅漢。

碁の教本を大量に作ったからと、猫猫に押し付けてきたらしい。

興味がないので売り飛ばそうかと考える猫猫の考えとは裏腹に、

羅漢の本によって、宮中では碁の流行が広がっていくことになる。

一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、

砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。

そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、

羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。

開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、

さぼっている仕事をこなすように説得するのだが――。

日向 夏(ひゅうがなつ):福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)など。



しの とうこ:イラストレーター。

『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すがはら

241
壬氏頑張った。でも、もう一歩なのかな。「そこそこ」がまだ尾を引いているのですね。こんな重要ワードになるとは。今後、壬氏が皇帝になることも玉葉后と敵対することもないなら、壬氏からの求婚の受入れについて猫猫の抵抗感は大分減るはずなのですが、素直に話が進むのでしょうか。別にラブコメがメインでもないからあっさり結婚話進めてコンビで活動するのも良いかと思いますが。この話を聞いた変人軍師の反応が知りたい。2019/03/18

だりあん

170
うっわぁ…外堀埋めて舗装されちゃったよ…『そこそこ』って…壬氏…よっぽどあれだったのね…。羅漢パパ、やっぱり愛妻家…。2019/03/19

ponpon

165
本巻では変人軍師・羅漢の囲碁大会がメインで、あと馬閃の兄姉が登場し盛り上げてくれます。一方で猫猫は姚・燕燕らと公私ともに宮廷女官の生活を楽しんでいますが、壬氏や玉葉后の周囲にはきな臭い動きが…。へたれだった壬氏も、覚悟を決めたのか姑息だったり荒っぽい手管を繰り出して追い込みにかかります。羅漢との囲碁対局も裏約束が推測されますし、最後に皇帝と玉葉后に認めさせる覚悟は言葉を喪う。予想外に不遇な出自だった玉葉の兄が蠢くなど政治的にもまだまだ一波瀾ありそう。次の9巻で刊行に追い付けるので早く読まねば。2020/03/30

がんも

153
今回も謎解きあり、囲碁大会ありと面白かったです、今後国内の権力争いや、他国の動き飛蝗など物事が大きく動きそうで、続きが楽しみです。猫猫も否応無く巻き込まれていくんだろうな〜(まぁ〜主人公だし)壬氏もだいぶ体張りましたね〜だいぶ堀が埋まった感じ。2019/03/04

はなりん

124
うゎ~!続き気になる~!前巻の爆弾発言からの壬氏の次の手が、そうきたか~って感じ。国の情勢も玉葉の実家だったり、北側だったり、蝗害の気配だったりきな臭い事盛りだくさんで不穏な状況で、壬氏の打った手がどうなるんだろう・・・。前半のほのぼの日常が最後の章で全部持っていかれた(笑)。それほど衝撃!2019/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13561561

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。