ヒーロー文庫<br> 薬屋のひとりごと 7

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
薬屋のひとりごと 7

  • 著者名:日向夏/しのとうこ
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 主婦の友社(書籍)(2018/04発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784074297726

ファイル: /

内容説明

里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、
猫猫の元に高順が厄介ごとを持ってやってくる。
どんな用事かと言えば、猫猫に女官試験を受けないかというものだった。
猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。
新しく医官専属の女官となった猫猫の前に現れるのは、
面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ女官たちだが――。
猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。
特に、女官の首領である姚(ヤオ)は猫猫に対して突っかかってくるのだった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すがはら

231
蛙の余韻が凄いらしい。そして、またまたお騒がせな西の特使。巫女御一行まで加わり、まだまだ厄介事を引き起こしそうです。このシリーズの場合、壬氏とのことを考えるときに猫猫が恋愛感情の有り無しを主に考えないところが良い。まだ先だろうけど、壬氏はどんな落し所を見付けてくるのか。2018/03/28

ponpon

155
猫猫は無理矢理に女官採用試験を受験。医官付として王宮に勤務することに。そこで同僚の姚お嬢様と侍女の燕燕と出会う。羅門や羅漢などいつもの面々に囲まれつつも、コナン君の如く事件陰謀に捲き込まれるのはお約束。今回は砂欧から訪れたアルビノの巫女を巡る物語。とある重大な秘め事を抱えるが、それの露見はあってはならないこと。様々な思惑のぶつかり合いの決着は…。本筋からは外れた物語ですが、賑やかで楽しめました。最後に壬氏が、まさかの告白。揺れる猫猫は、どうなるのか。次巻も早く読まねば2020/03/04

がんも

116
ずっと読んでるシリーズ、今回はちょっと前巻と間が空いたので、思い出しながら読了。新しい登場人物もなかなか良いキャラで、これからどう猫猫と絡んでいくのか楽しみ、最後にまた謎が残り続きが気になります、次巻はもう少し早く出してもらえると嬉しいなぁ〜(^o^)2018/04/09

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

100
こんなに笑えた本は稀である(¯―¯٥)2019/08/22

ままこ🌿

90
今回は医官専用の官女になった猫猫。砂欧の白子の巫女が病を診てもらいたいと茘を訪問する。しかしこの白子の巫女にはとある疑惑がかかっていた…。このシリーズは謎解きも面白いな。壬氏にある一言を言わせてしまって慌てる猫猫。この二人の今後も気になる。次巻が楽しみ。2018/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12686834

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。