ヒーロー文庫<br> 薬屋のひとりごと 11

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
薬屋のひとりごと 11

  • 著者名:日向夏/しのとうこ
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 主婦の友社(書籍)(2021/04発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784074482269

ファイル: /

内容説明

シリーズ累計1250万部!! 謎が一気に明らかになる最新巻最速リリース。面白さ絶対保証。怒涛のクライマックスに刮目せよ!

戌西州を襲った大蝗害。
過去の蝗害を知る者は少なく、人々は混乱する。
西都や国境近くでも、食糧の強奪や暴動が頻繁に起きていた。
猫猫は何もできない自分を歯がゆく思いつつも、
できる限りのことをやっていた。
それは中央からの客人である壬氏も同様で、身の安全のためという
名目の軟禁生活を強いられながらも、蝗害を予見していたことで、
中央からの支援物資を早く受け取ることができた。
だが、その手柄は壬氏ではなく
西都の領主代行・玉鶯のものとして扱われてしまう。
手柄の横取りに猫猫は腹を立てるが、当の壬氏はどこ吹く風で、
皇弟という立場を最大限に利用して
戌西州への支援要請を行う。
また、物資が不足する中、
猫猫にさまざまな問題が火の粉となって降りかかる。
謎の腹痛に苦しむ玉鶯の孫娘。
変人軍師・羅漢が連れてきた棋聖と呼ばれる老人。
同僚の医官・天祐の奇行。
そして、消息不明だったあの人が帰ってくる?
一方、西都では皇弟に対する不満が高まっていく。
蝗害による飢えや病に苦しむ民衆は、
とうとう皇族である壬氏へ怒りの矛先を向けることに。
守り支えていたはずの民衆に恨まれてしまった壬氏の決断は?
不審な動きを続ける領主代行・玉鶯の狙いとは?
そして、猫猫は無事、危機を脱することができるのか?
*本商品にはドラマCDは付いておりません。


日向 夏:福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』(ヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。

しのとうこ:『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ponpon

164
蝗害も峠は越したものの傷跡は大きく不安定な世相は続く。野心家の玉鶯が不穏な動きを顕在化させ波瀾の予感。玉鶯の策謀に防戦一方の壬氏。ところがある人物の行動で事態が急変。父の玉袁は、展開を予見しつつも玉鶯を切り捨てないのは親族としては兎も角、為政者としては疑問。でもその人物が、ここまでのキーパーソンだったとは驚きで、玉葉后とその周辺に秘められていた真相にも吃驚。どこまで刊行が続くかわからないのに伏線を仕込み続けた著者の構成力にも感服です。西域の動揺は収まるのか?壬氏の動きは?次巻が待ち遠しい。大満足の一冊。2021/05/05

はなりん

123
西都編が一応解決かなぁ。一応だけど笑笑。正に怒涛の展開。陸遜の出自や、族滅した一族の事実、玉葉との関係、玉袁の事…。ほんとに一気に情報が出てきて急展開。羅漢も何気にグッジョブ。雀さんはますます謎ですね。猫猫達は中央に帰れるのかしら?月の君との距離の詰め方など、まだまだ続きが待ち通しい。2021/05/16

かんけー

115
読了♪冒頭、猫猫と李白の会話から雀さん横から大きな箱を抱えて何時もの調子でつぶやく(^_^;)蝗害の惨禍の後、事態の収集と後処理にてんてこ舞いの猫猫達。クスリと食料他物質の在庫状況が危機に瀕し?そんな最中、玉鶯は皇弟たる壬氏を利用し、己の野望を果たさんと画策し裏に表に暗躍。モノクル変人軍師は溺愛する猫猫にラブコールも猫猫一切無視w然し、この御仁人の遡上を見抜くその感覚は抜きん出て。林大人と林少人、今回のキーワード人物(ネタばれ失礼^_^;)w途中壬氏は玉鶯との絡みの一幕で理論展開で壬氏を納得させようと→2021/05/15

すがはら

115
壬氏が西都を治める立場になるって後々どんな意味を持つのか。今回は壬氏の補充場面にニヤけてしまいました。それにしても女性陣が濃い。雀さんの怪しさがまた一段と増してきたし、玉葉后も色々動いてるし、更に燕燕とお嬢様も突飛な動きしそうだし。次もまた壬氏と陸孫が気苦労して羅半兄が無自覚に活躍するのかな。2021/05/09

優輝

112
今回は西都周りの関係性?とかがハッキリ分かる回でしたね 陸孫は途中から分かってはいたけど羽三姉妹はまさかそこなのか!?ってなりました あと気になる事は雀さんは誰に戸籍持っていったのかとかかな? あと羅半兄生きてた!ってなりました(笑) 壬氏は結局貧乏くじ引くのかな?ってとこで次巻も気になります2021/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17902003

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。