ヒーロー文庫<br> 薬屋のひとりごと 6

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

ヒーロー文庫
薬屋のひとりごと 6

  • ISBN:9784074207886

ファイル: /

内容説明

西都にて、壬氏に求婚された猫猫。
今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。
今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。
皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。
猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると
首を縦に振ることはできない。
軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。
猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが────。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すがはら

180
表紙の女性、猫猫にしては…と思っていました。不幸属性の妃はこれでしばらく退場か?良かった。いい加減イライラしてたので。イライラと言えば西の双子もいつまでもしぶといですが、生かし続けておいていつか役立つ局面があるのでしょうか?猫猫の小さな推理の積み重ねがいい。ただ陰謀が何か肩すかしなのは、これもまだまだ本命の大事件の伏線だからなのか?2017/11/13

ponpon

144
本巻は、猫猫の親族が登場し過去の葛藤とそれを乗り越えようとする若い人々の物語と、里樹妃の不幸物語の二題噺。父・羅漢の人間らしさが好印象ですが、羅半兄の甘薯に投じる情熱も良いですね。実に素敵な人達です。一方で、里樹妃の不幸は極まれり。とうとう不義で幽閉までされる始末。ですが、ここで颯爽と登場する白馬の王子様。惚れた弱味とはいえ、凄いのひと言。今度こそ幸せになってほしいな。壬氏は今一つ存在感薄いが、巻末でのイチャツキにはあてられました。早く次巻も読まねば。2020/02/14

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

110
ちょっと待てー!!!Σ( ̄□ ̄;)出だしっから笑っちまうわい!!(;^ω^)壬氏は猫猫の弱点を。馬閃はボキボキ(¯―¯٥)2019/08/13

だりあん

84
壬氏様前巻で、猫猫にマウント取られたショックからのBL展開www羅ファミリー総出演、羅漢パパと猫猫の年頃の娘とお父さんみたいなやりとりあったり。羅漢パパ…ほんとに奥方愛してたんだな…。不幸の星どころか、流星雨浴びまくってた里樹妃、大逆転のハッピーエンド。壬氏様も大逆転?w2018/07/07

hirune

77
里樹妃は何処にいても不幸が寄ってくるなぁ。みんなで全力で護ってもこの有様だもの、強烈な悪運だね。変態な前帝の呪いがかかってるのかも。。超合理主義の猫猫にかかっちゃ「ロミオとジュリエット」も形無し^^;壬氏様も猫猫に求婚するより、大金を払って雇い入れれば良いんでは?それからじっくり口説き落とすと…ああ、情緒なんて欠片もない☆2017/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11241270

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。