りぶねす(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

りぶねす(9)

  • 著者名:堂本裕貴
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2018/01発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065108635

ファイル: /

内容説明

スミと七瀬の急接近に大慌てのテツ! さっそくアスカに集合をかけて相談した際に、「明日の夜、うち来ない?」とお願いされる。ふとしたきっかけで、部屋に二人っきりとなったテツとアスカ。このシチュエーションはもしかして‥‥もしかしちゃう!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

22
カスミと七瀬の関係が変わってきていることに気づいたテツの行動…少しずつでも着実に変わってきていたこれまでの積み重ねを全てぶち壊すような逆行ぶりはちょっと残念…そんなことしたら二人には逆効果だし、ちゃんとアスカのこと見てないと危ういよ?って言いたくなった。2018/01/19

わびすけ

6
今回はR15指定ぐらいの妖しい雰囲気な出だしからカスミーランドのお菓子の宮殿を作ったり喜怒哀楽がコロコロ変わるジェットコースターみたいな巻で面白かった。お友だちが良かったはずのカスミが七瀬を意識し始めてたことに気付いた瞬間の顔が「は~~~~」ってなります。安泰と思ってた関係にも一波乱起こりそうでここにきて続きが気になる。次巻も楽しみ。2018/02/07

alleine05

5
いよいよカスミの自立も近そう。まあカスミが片づかないとテツとアスカの関係も進展できなさそうだしね。そして更衣室での恋バナの場面からするとやはり眼鏡ちゃんに恋愛沙汰フラグが立っている気がする。2018/03/30

リク

4
会えない時間だって人と人の関係を変えてしまう。思い募るか、疎遠になるかはさておき。今巻は千葉ちゃんがテツに言った台詞に尽きる。この辺りが臆病で泣き虫なテツの一面なんだなと。今回で種が蒔かれ、次巻で激動な展開になりそうだけど、どうなってしまうのか。あと個人的に好きなシーンはカスミ会議に同級生のアスカ、千葉ちゃんだけじゃなくてまこっちんも呼んでたとこ。仲の良さが伝わってきてよかった。2018/01/09

MamaxKoko

3
カスミの恋の成長は微笑ましいけど、テツがここにきて器用さが裏目に…。アスカが可哀想なのでテツにヤキモチ妬かせてほしい。2018/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12504803

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。