りぶねす(12)

個数:1
紙書籍版価格 ¥484
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

りぶねす(12)

  • 著者名:堂本裕貴
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2018/10発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065129883

ファイル: /

内容説明

一歩進んだ今だから、もっと一緒に”仲良く”しよう? テツ達のその後を描く、『りぶねす』After Episode!! テツと七瀬の焼肉大奮闘に、カスミと七瀬とのドキドキ初デート。真琴のチバ宅初訪問から、テツとアスカのラブラブお泊まり旅行まで!! 次第に成長していくテツ達の、ちょっと”進んだ”物語。単行本まるまる一冊、お届けです♪

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

20
最終巻は方向性が定まっていたこともあって、それぞれのカップルの仲よさげな感じと、相変わらずシスコンではあるテツたちのあれこれに苦笑いしつつ最後まで楽しめました。2018/12/13

alleine05

3
ついに最終巻。これで終わりとは。もっと長く見ていたかった。とはいえ、描くべきことは描き切った感じだし(メガネちゃんの恋愛事情が本編で描かれなかったのは残念だが)、だらだら続けて蛇足になってほしくないし、ここで完結は妥当か。しかし最終話の後の特別収録わろた。アスカさんチョロ過ぎやないですかね。そして最後のオチ。最後の最後のオチがこれとは。でもこういう終わり方もこの作品らしくて満足。2018/10/14

MamaxKoko

1
ついに終わってしまった。いつまでも続いてて欲しかった。テツの最後の「俺これまでの何倍も頑張る。幸せになろうな。」の言葉にうるっときた。本当にいい男。2018/10/21

らいう

1
かなりガッツリで連載時もビックリした記憶がある…子どもの性別気になる…!女の子じゃなかったらテツはどんな反応するんだろう2018/10/11

通行人

0
最初シスコンが暴れ回るだけのギャグ漫画かと思ったのに、シスコンが抱える闇を乗り越えるシリアスなお話ですごく面白かった。 ののかが最高に天使だった2020/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13117676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。