文春文庫<br> 陰陽師 酔月ノ巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥561
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
陰陽師 酔月ノ巻

  • 著者名:夢枕獏
  • 価格 ¥559(本体¥518)
  • 文藝春秋(2017/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

すべてを見とおしてしまう稀代の陰陽師・安倍晴明と、心優しき笛の名手・源博雅が、彼らの元に持ち込まれた平安の都で起こる怪事件を解決する大人気シリーズ。

蔵人・橘盛季に届けられた恋文。やがて姫君のもとに通うようになった男は一族の秘密を覗き見る――「銅酒を飲む女」。

雨で月の見えぬ夜に晴明と博雅が酒を飲んでいると、若き藤原道長が晴明の屋敷を訪ねてやって来た。なんでも今をときめく父の太政大臣、藤原兼家の首から下が突然なくなってしまったという――「首大臣」。

仲睦まじい漁師の兄弟を喰らおうとする者の正体とは――「夜叉婆あ」。

ほか、「桜闇、女の首。」「道満、酒を馳走されて死人と添い寝する語」「めなし」「新山月記」「牛怪」「望月の五位」を含む全9篇を収録。